源泉所得税とその支払 | なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なるべく専門用語や難解な言葉を使わないように心がけています。

少しでもお役に立つ情報をお伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:

ご訪問頂きましてありがとうございます。

税理士の角南です。

 

源泉所得税。

税務調査の際にも論点になることが多い税目であります。


源泉所得税は、原則として

給与等を支払った月の翌月10日までに納付(支払)します。

しかしながら、納期の特例(半年ごとの納付)の

適用を受けている事業主は、

7月10日(火)が、1月~6月分の

源泉所得税・復興特別所得税の納付期限となります。


納付を怠ると、実際に源泉所得税を徴収していなくても、

支給者(会社)が源泉徴収すべき税額を納付しなければなりません。

 

さらに、法定納期限までに納付しないと、

余分な延滞税や不納付加算税を負担することになりかねません。
これらは会社や事業の経費となりませんのでご注意ください。

 

なお、毎月の給与支払事務において、

パートタイマーやアルバイトなどの源泉徴収にご注意を。

パートタイマーやアルバイトも正社員と同様に源泉徴収が必要です。

提出された扶養控除等申告書を確認し、

税額表の月額表又は日額表(甲欄)をもとに源泉税を計算します。

月々はそれほどでなくとも、半年分となれば大きな金額となる場合がある源泉所得税。

くれぐれも誤りやお忘れの無き様。
 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。
皆様にとって今日が良い一日でありますように。

よろしければ1日1回、応援のクリックを是非お願いいたします!


にほんブログ村

 


経理・会計・税金 ブログランキングへ

税理士 すなみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス