立秋と甲子園 | なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記
新型コロナウイルスに関する情報について

なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なるべく専門用語や難解な言葉を使わないように心がけています。

少しでもお役に立つ情報をお伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

ご訪問頂きましてありがとうございます。

税理士の角南です。

 

立秋。

毎年8月7~8日頃、この日から立冬の前日までが秋であります。

しかしながら1年で1番暑い時期であります。

 

ある方とお話していた時のこと。

「もうすぐ立秋やな」

「そうですね」

 

「ニュースとかで、暦の上では云々。

 秋らしさは微塵も感じられんな」

「本当ですね」

 

「今年の立秋は8月7日とか。

 高校野球が開幕する日でもあるな」

「そうですね」

 

「暑い中、気の毒やな。

 ワシが甲子園目指してた頃は、今ほど暑くなかったような気がする。

 練習中に水を飲んだらアカンって。

 今時やったら体罰で事件になりそうな指導がまかり通ってたもんな」

「こっそり水を飲んで、叱られた記憶がありますね」

 

「そうやでな。

 口の周りが濡れてるやないか!!

 これは汗です。

 思い出したら笑けてくるな」

「本当ですね」

 

「夏の風と秋の涼やかな風が混在し始め、

 朝夕は何とはなしに秋の気配が感じられる。

 早く秋が来てほしいものや。

 そうそう、暑中見舞いはこの立秋の前日まで。

 立秋以降は残暑見舞いとなるから気を付けや」

「はい。有難うございます」

 

 

 

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。
皆様にとって今日が良い一日でありますように。

よろしければ1日1回、応援のクリックを是非お願いいたします!


にほんブログ村

 


経理・会計・税金 ブログランキングへ