2018・11・29 九重連山を登る | 高橋 丈のブログ

高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。

朝暗いうちに宿を出て外輪山の大地へと向かいます。

阿蘇の外輪山は広く東京23区が入ってしまうほどの大きさ

そしてほぼ阿蘇を一周する外輪山も

北側の外輪山は大地となり、牧場として利用され、

南側は山並みとなって登山を楽しめます。

外輪山の内側には電車が走り、町が有り、人が住んでいます。

外輪山の内側は平地広がり、

農地は段々畑として山裾まで広がっていました。

(外輪山の北側台地は広大な牧場が広がっています。)

 

展望の良い所で台地の外輪山と外輪山の内側の平地、

遠くは九重連山がかすんでます。

写真ではあの広さは表現できません。

阿蘇も見えてました。

雨が続いた2日間、

そして今日はこの快晴の空、

やっと山旅が始まった感じでした。

広々とした景色と青い空、ひんやりした風とで

いい感じです。

 

道はこんな牧場の中を走っています。

右に曲がり、そして左へ曲がったりしても、

景色が同じで方向を失いそうです。 失ってしまってましたね!

 

到着した牧ノ戸峠の登山口はツツジのピーク時は

路上駐車もでるほどで

沢山の登山者でにぎわう登山口とのこと。

少しだけコンクリート舗装が有ります。

ハヤル気持ちを抑えるように足を出し、展望台に到着

写真では三股山(ミマタヤマ)が見えます。

ここも良い所です。

ややぬかるんだ日陰の登山道が終われば、

360度の展望が待ってます。

なだらから道が続いてます。

 

私達は沓掛山を踏んで一気に星生山まで登って来ました。

星が生まれる山なんですね! 

今思うといい名前ですね。

星生山は岩稜が有ります。鎖は有りませんでしたが、

気分よく切れ落ちた左右を見ながら通過でした。

硫黄ガスが白く噴いてます。

下ると避難小屋が有りましたが、

休まず継続、

頑張って天狗ヶ城まで登って来ました。

 

もう空腹感一杯でした。

山頂について無邪気に喜びです!

お昼はどっかりと腰を降ろして、温かな煮込みうどん

食べ終わって満足そのもの!

遠くは由布岳が頭の上に見えてます。

双耳峰の格好いい山です。

 

やっぱり山ではエネルギー管理は大切ですね~。

九州に来て再確認でした!

十分に補給が出来て元気を取り戻し・・・

元気が出れば・・・

九州大陸最高峰の中岳もひと登り!

中岳から振り返ります。

右端が天狗ヶ城、御池はハートに見える場所が有ります。

御池の上は扇が鼻、キリシマツツジが綺麗とのこと

左の高く聳えているのが久住山、九重連山の中にある久住山、

深田久弥も登った百名山です。

写真で見えるように、それぞれのピークは20分ほどで登れます。

しかし欲張って幾つも登ると

累計標高差が増しますのでハードになりますね。

残るは久住山のみです。

 

ハート池になってます?

 

山頂の標柱が傾いた久住山です。

今回は阿蘇と九重へ登ると…自分で作った目標

阿蘇は雨で諦めましたが、一つの目標を達成することが出来ました。

自然に湧いてくる写真の嬉しい姿です。

ここへは全国から日本百名山を目指して登りに来る山です。

そんな人たちの気持ちが、ジワジワと伝わってきた気がしました。

また花の咲く時期に登る予定です。

もしかしたら、二度と登らない山かも知れません。

あの日は1人の登山者となって

喜んだ山頂でした。 

 

記念写真良いですね、そう自分で思っています。

今はしみじみと、

山はやっぱり良いもんだと痛感しています!

この長いブログも

この1枚の写真で済んだのかもしれません。

そして・・・

やっぱり阿蘇はリベンジ

ですね!

 

 

最終日は山に登らず

「 俵山展望所 」で阿蘇を目の前にして

左右に見える外輪山

下に広がる南阿蘇村

そんな絶景を見ながら半日、お茶を頂いたりして

ゆっくりとした時間を過ごしました。

俵山展望所は素晴らしい場所です!

 

そして

帰る飛行機から山を撮ろうとしましたが、

黄砂が舞い、

残念な思いで街並みを見つめていました。

自分で作った目標

しかし、計画さえシッカリと出来ず、

山友さんに、すっかり依存した山旅で

本当に有難い想いでいっぱいです。

 

山旅といいますが・・・

山を登るだけでも楽しいものですが、

そこに旅が加わり、

色んなものを見たり、味わったり、

その地方の空気感のようなものを感じたりして

その日々を過ごすこと

本当に贅沢ですね。

こんな贅沢な山の旅が

これからも時々出来たら良いなと思います。

 

山は色んな楽しみ方が有りますね~!

大満足な山旅でした。

 

毎回長い個人的な思いを勝手に綴ったブログですが、

そんなブログに

お付き合いくださり有り難うございます。

 

・・・・

登山・トレッキングのガイド「風」  (HPも宜しくお願いします。)
 

・・・
風」のガイドプラン ← (こちらも宜しくお願いします。)