禅の里ロードレースin輪島 | スバリストの自転車日記

スバリストの自転車日記

SUBARU大好きな僕が自転車で茨城からJプロツアーを目指します!

{736ADCE8-44E4-4DEE-B5B6-338E6FEA4105}


【リザルト】
トップ差4分
22位

【レース内容】
輪島市門前の歴史ある街並みをスタート地点に2度の登りを含む1周12kmのコースを3周するレース。ちなみに門前はネイティブ発音では「もんじぇん」と言うらしい。
2度の登りのうち1つ目は平均勾配が10%に近いと言われるハードな坂で標高差が200mちょっと。ガツンと登ってテクニカルな下りを抜けていきます。
その後川沿いに下り基調の道をしばらく走ると2つ目の登りです。こちらは、勾配もきつくなく距離も短めです。
それを登りきると直線的に一気に下っていきます。集団の中だと70kmは超えるような下りで、横風も吹くので簡単そうでリスキーな下りです。下りきると片側車線のみの追い越し禁止区間に入り平坦のままゴール地点にいきます。

【レース展開】
いつも通り、サインシートを記入し機材チェック。係りの方にバイクを渡し軽量。
「あと2.2!」
ポカーンʕʘ‿ʘʔ




あっ!あと2.2kg軽量化しても6.5kgの基準に引っ掛かんないよ。ってこと?
ただ、残念ながら3.2が正解笑
そう、なんと9.7kgもあったのです(´∀`=)
10kgのバネばかりが伸びきりそうだ笑
笑わせてくれるじゃないか!
この激重カーボンで、やってやろうじゃないの!と集団最後尾に並んだわけです。
{113EBF4C-E657-43A5-A1FC-D2F8DFDF457D}



レーススタート
登り始めまでは、先導がついてローリングと言ってもそこそこ速いわけですが、直角に曲がり登り始めてリアルスタート、本当の後ろからのスタート。登りが得意でない選手を続々とパスしていく。


沿道から地元の方々が応援してくれて、気持ちよーく登っていく。徐々に集団が中切れを起こし始めるが気にせずマイペースで前を追っていく。頂上に着く頃に30名程まで絞られた先頭集団に合流。ここからはお待ちかねのダウンヒル。道路を広々使って下れるのはレースに出た人の特権?気持ちいい!快調に順位を上げていきます。テクニカルな区間を抜けて緩やかな下りの区間に入ります。あれ!?思ったより遅い…そして、なぜか集団がブチブチ切れていく。
このまま、千切れたら嫌なのでドンドン前に行くと、2つ目の登りの頃には先頭集団に。1人で逃げていた選手を吸収し、先頭集団で下る。


先頭で2度目のきつい登りに突入。中盤くらいまでは快調に登り、沿道で名前を呼んでくれた、OTRのこずえさんに反応したりしていましたが、後半はヒーヒー言いながらなんとか下りで追いつける距離にいようとしましたが、ペースも上がり離れてしまいました。
{DB30BC7C-1BC5-4DA0-A1EF-BA0555623CBC}


それでも、下りきったところで見える位置にはいたのですが、平坦区間で踏みっぱなしの脚では、登りで離される一方。
こうなったら、マイペースで順位をキープしてゴールまで踏ん張ろうという作戦に切り替えました。
3回目のハードな登りの頂上で、左の脹脛がいっぱいいっぱいになり、もう一回登りがあるし、ヤバイかなと思いましたが、夏合宿で身につけた。両足ブルブル作戦や、クリートを外したストレッチでなんとか回復し、最後まで走りきりました。

【収穫】
今回もレース外で自転車競技をPRできた。
レース中に名前を呼ばれると嬉しい。
我ながら下りが速かった。
個ちゃりのおかげ??

【反省】
坂での気合が足りない!

もうちょっと登坂能力を鍛えれば来年は逃げで勝てるかな、なんて大口を叩いてみる。

応援ありがとうございました。
何より、こんな長距離移動に車を出してくれた丸山さんありがとうございました!
次戦は来週日曜日の南魚沼です。
こちらは松井くんも出ますのでお楽しみに!