初子育て、宝さがしの日々

初子育て、宝さがしの日々

摂食障害を克服し、
2度の流産や不妊治療を経て妊娠、2018年1月に第一子出産しました(^^)
2019年に3度目の流産→胞状奇胎→現在経過観察中。
子どもとの日々メインでブログを書いてます。

おはようございます照れ











息子がうまれてから

涙腺はゆるむどころか、ダムの放流並みにいつも全開ですうずまき





昨日も

保育園で見た風景に感動して、目から汗が…笑い泣き

そんな話です。

























年長さんにいる男の子、Rくん。

送迎のとき

わたしに毎日かならず話しかけてくれて

息子にも

「◯◯くん、おはよ!

って笑顔で挨拶。

これだけでも気持ちいいのですが

Rくんは

朝の送りで泣くのと泣かないのがまだ半々の息子に対し

「泣かなくて大丈夫だよ、みんな待ってるから遊ぼう!

と、

息子の手を取り、教室まで一緒に行ってくれるのです。





最初は手を振りほどいてた息子が

自分から手を伸ばして

しかも、名前をちゃんと覚えて

「あーゆくーん」って笑顔で近寄っていく姿を見たら

朝から目に汗が…えーん










帰りはさらに感動が待ってました。





お迎えに行くと

Rくんが走ってきてくれて

担任の先生より早く

「◯◯くんのおかあさん!今日ね、◯◯くんすぐニコニコになってたよ、よかったね!

「うんどうかいのれんしゅうで、◯◯くんころんじゃったんだ、でもすぐ起きたんだよ、つよいよね!

と、

事細かにその日の出来事を報告してくれますハート

わたしは大助かり爆笑





Rくんは妹がいるらしく

そして延長保育MAXなので、朝早くから夜遅くまで園にいるそうで。

だから下の学年の子にかまってくれるのかな、なんて思ったり。





息子のことも

中途入園ということもあるけど、すぐに覚えていつも話しかけてくれて

優しい子だなあ〜キラキラ

息子も年長さんになって、こんなふうに下の子と関われたら素敵だなあ〜キラキラ

って思う毎日ですお願い





そのおかげか

これまでのお迎えは

母の手をグイグイ手を引っ張って

「早くここを出るぞ」みたいな態度だった息子が

昨日のお迎えでは

まっさきにRくんを探しに行きびっくり

「またねー、たーっち」

って、ハイタッチしながら笑顔でお別れの挨拶していたんですキラキラ

その後も

先生たちと、まだ残ってる年長さん全員と

またねー、たーっちのご挨拶をするために教室を1周して

ようやくわたしの所に来て「かえゆ」と言いましたお願い





もうね

これ見たら

復職するのを悩んだりとか

可愛い息子をまだ独り占めしたいからもっと育休取りたかったなとか

そういう思いが吹き飛びました!!





息子の頑張りもすごいと思うけど

先生やお友達にとっても恵まれて過ごしているんだろうなおねがい

だからこんなに慣れるの早かったのかもな、ってキラキラキラキラ

そう思いながら、また目から汗が出てました笑い泣き





言葉もさらに増えてるし

記憶力もついてきて「今日保育園でなにしたの?」と聞くと

「公園、おんもーち(お友達)、さんぽ」

とか答えてくれたりして

成長ぶりにまたまた感動したりキラキラ

本当に順応力高くてびっくりします照れ





しかしまじで、Rくんの存在は大きい

わたしにとっても息子にとってもチュー

今朝は会えなかったので

今度おしゃべりできたら、この感謝を彼に伝えなくてはと思います乙女のトキメキ乙女のトキメキ
連休中

ディズニー以外にも色々行ったのですが

電車のジオラマはどストライクだったようです乙女のトキメキ

ディズニーレポの後半もまたUPしますニコニコ

最後までお読みいただきありがとうございましたお願い