[トレハン] トレハンマップを作ろう | UOんチュウ

UOんチュウ

超老舗オンラインゲーム【ウルティマ・オンライン】(通称 UO)
ASUKAシャードに生息中のおっさんの日記的なものや覚書的なもの

数年前に復帰後、トレハンの仕様が全く変わって旧トレハンマップやルーンが使えなくなってしまっていたので自作してみました。トレハンだけではなく、ムーンゲートのない場所へ急行したいとき、昨年末のクランプスのイベントのように大陸のどこかに急行したいとき、等という場合に活躍してくれました。

 

 

↓こんな感じですが実際に使ってみるとここにも欲しかったというのがあったので、また改変したいと思っています。

 

 

 

●用意するもの

できるだけでかいUO大陸白地図 (UO外で用意)

ルニックアトラス2~3冊

空ルーン(ポイントの数だけ)

 

 

●白地図

グーグルで検索してもでかいやつは見つかりません。それでUOAM内のBMPデータを流用します。

使用しなくともかまいませんのでUOAMをダウンロードしてインストール。

 

ProgramFiles → UOAM → UOAM フォルダーの中に MAP0-1.bmp というのがありますので、それを画像エディタなどで読み込みリサイズします。オリジナルデータはめっちゃでかいので加工に適したサイズへ変換とできれば Jpeg への変換をしておきます。

 

 

 

Windows10で bmp への関連付けを独自にやってなければWindows10アクセサリの「フォト」が起動すると思います。フォト右上の[…] クリックから [サイズ変更] をクリして [Mサイズ] を選択すればちょうどいい感じの大きさになるかと思います。

 

 

●作成

リサイズ、Jpeg変換がおわったら、ペイントなどの画像エディタを起動し表示します。自分の位置確認のため UOAM も起動しておきます。北のミノック平原あたりからスタートし、UOAM の位置を確認しながら白地図へ番号だけ [文字入れモード] で記入していきます。もちろんその場でマークし、番号や簡単な説明を入れて、ルニックアトラスへドロップ保管していきます。

 

ルーンには[37 グリゼルダ付近] のように簡単な説明もあると地図を見ずに飛ぶこともできます。

 

島は船で移動しながら漏らさずマークしておきます。これが一番重要です。もちろん小さなものは省きます。

 

トラメルが終わったらフェルッカも同じ場所でマークしていきます。フェルッカ用ルニックアトラスも用意します。同様にして、マラス、トクノ、テルマーも。

 

イオドーンとイルシェナーはマークできませんが、イオドーンは[ムーンストーンクリスタル] で、イルシェナーは[ヘビの顎骨] があれば各所への移動が楽になります。マップにはそれぞれの着地地点を入れておくとよいかも。

 

 

●おまけ

こういったちょっとした画像の処理を行う多機能で軽いフリーソフトがあるのでお勧めします。基本ビュワー(画像表示ソフト)なんですが、フィルター、多種加工、描画、文字入れ、データ変換(BMP→JPG) など様々な機能が入ってほとんどこれ1本で事足ります。しかも、軽い、表示が速い、優れものなんです。ブログに張りたい画像の加工程度でしたらこれ1本で。

 

Irafan View 64bit 日本語版 from 窓の杜

 

↑から64bit版と[Irfan View 日本語化モジュール] をダウンロードしてインストールします。「窓の杜」はソフトウェア集積サイトでウィルスのチェックなどしっかりやっていますので安心してダウンロードできます。インストール後に jpg やbmp への関連付けを行ってください。

 

日本語化のやり方は コチラ

関連付けの変更は コチラ

 

わからんときは、コメントへどうぞ。

 

 

 

●おまけ2 適当にリサイズ、及びJpegに変換したマップデータです。

 

ブリタニア(トラメル)白地図

 

ブリタニア(トラメル)要所入り地図

 

ブリタニア(フェルッカ)白地図

 

マラス白地図

 

トクノ諸島白地図

 

イルシェナー白地図

 

※7/14 追加と訂正

テルマー白地図としてイルシェナーマップを掲載していました。テルマーマップはパラリさんの コチラ が適切なサイズで活用できます。 [画像上で右クリ] → [名前を付けて保存] してください。

 

※7/15 追加

ブリタニア地図をトラメルとフェルッカに分けました。また追加分は GIF 変換しています。GIFの方が文字入れ後の再保存時の劣化がほとんどないようなので。JPG ですと上書き保存のたびに劣化しやすく特に文字が潰れてしまいますので。

 

 

GoogleDriveに載せています。クリック後ブラウザ右上の[ダウンロード]を押せばダウンロードできます。ブラウザのダウンロード用フォルダに入っているでしょう。

 

 

※暫くはそこに置いていますが、時間が経ちすぎると消えているかもしれません。