11月27日(火) サルビアホール

【サルビアホール・クァルテット・シリーズ シーズン31】

 

ダンテ・クァルテット

クリシア・オソストヴィッツ/vn、オスカー・パークス/vn、井上祐子/va、リチャード・ジェンキンソン/vc

 

ハウエルズ/オードリー夫人の組曲

ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲 第3番

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第9番 『ラズモフスキー第3』

 

 

ハウエルズはイギリスのクァルテットならではの選曲

 

4曲からなる組曲、分かりやすくて可愛らしい

 

イギリス民謡風のところもあり

 

ショスタコーヴィチの3番は、交響曲第9番と同時期で曲調もそっくり

 

面白いといえばそうだし、ショスタコらしくないとも言える

 

ただし、第3楽章以降は諧謔的なところはなくなる

 

演奏はなかなかで、特に第3楽章はアグレッシブ

 

ラズモフスキー第3は、第1楽章の演奏が今一つ

 

大丈夫かな?、と思ったが、第4楽章は頑張った

 

中間の緩い楽章では、時おり深くて良い響きがする

 

全体にヴィオラが目立つ

 

アンコールはチャイコフスキー、アンダンテ・カンタービレ

 

1V.はハウエルズとベトが、オソストヴィッツ

 

ショスタコとアンコールが、パークス

 

来年10月、クァルテット・ドビュッシーが2年ぶりに来るとのこと

 

弦四好きなら、これは聴き逃せませんね

 

 

 

 

ダンテ・クァルテット Dante Quartet (1995年結成)