人生脚本を考える | 龍ブログ ~りゅうの龍が如く!!~

龍ブログ ~りゅうの龍が如く!!~

日常や感じたことなどを綴ってゆくブログです。

前記事で「時間を大切に使う」という内容を、やや走り書き気味で書いたのですが、今回はその続き的な感じで。


皆さん自分の時間を、有効活用とか最適化とか抜きだとしても、リラックスできる1人の時間をしっかり確保できてますか?
働きすぎていたりしないでしょうか。

本当に好きなことを仕事にできていて、楽しんで取り組めているのならいいんだけど、そうじゃない場合は、しんどいですよね。

俺自身、24時間いつでも勤務体制の業界に長く身を置いていて、身も心も疲れ果てた経験があるので、今は労働に重きを置いてないです。自分の人生において。


亡くなる直前の人の多くが、
働きすぎたこと、やりたいことをもっとやればよかった…と後悔するそうです。

起こりそうもないことだけど、万が一起きてしまったら…という不安のせいで、不安を消したい、忘れたい、という心理から、とりあえず貯蓄をしなければ!という意識が働いてしまうのだとか。


俺は結構楽観主義なので、
「起きたら起きたでなんとかなるでしょ」って考えだし、そういうのはあまり感じません。
お金そのものへの価値より、体験に対しての価値のが大事ですしね。自分の中の物差しでは。


去年、母が定年の歳まで勤め上げました。
ずっと同じ企業で定年まで立派に働き続けたことに対して尊敬しかないです。ほんと。

ただ、大業を成し遂げてやっと少しゆとりができたのに身体のあちこちが痛いそう。


一番エネルギッシュに動ける年代の時に、ひたすら仕事をするのではなく、遊びも貴重な経験も沢山しておきたいなと俺は思います。

人は自分の中で何かしらの人生脚本があるものです。
ある人の人生脚本では、人生において仕事が最優先かもしれませんし、
また別の人の人生脚本では、家族との時間が最優先かもしれません。

俺は、ノンストレスで時間に縛られず好きなように生きること。

全てを犠牲にしてバリバリ仕事に打ち込んでたことも、遊びまわってたことも、体調崩して休業してたことも、全部経験してます。

だからこそ組み上がった自分の中の人生脚本じゃないかなと思います。


メッセなどでも様々な相談を頂きますが、解決に至るのは結局のところ、お相手の方の価値観や人生脚本と、俺の中のそれが似ているから。という場合が多いようにも感じます。


今回もささっと書いたので読みにくいかもしれませんが、ご容赦くださいまし。

ではでは!