上念司さん岡山理科大学客員教授就任の経緯 | ちたろんのブログ

ちたろんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

めも

 

 


■♯112 報道特注クラシカル【加計問題!疑惑は石破&玉木にあるのか?】

12:27~

上念司氏: 私ね今日ね、加計学園に関してね週間文春から取材受けたんです。

私ほら岡山理科大学の客員教授になりましたんで、どういう経緯でなったんですかって。

生田氏: そうだよ、だから上念さんが。有本さんもなったんでしょ?

上念司氏: 有本さんもなったんですか?ケントさんじゃない?

生田氏: あ、ケントさんか。

和田政宗氏: それ多分むちゃくちゃネジ曲げられて書かれますよ。

上念司氏: でもまあでもいいんじゃないですか。

足立康史氏: 取材があったの?

生田氏: 上念もグルだーぐらいの

上念司氏: あーまあまあいいんじゃないですか。一応ね、太いパイプがありますから繋がってないですけどねー。笑。あれたまたまなんですけど、月刊HANADAに私が加計問題についてまとめを書いて非常にわかりやすいということで、それを加計の関係者が読んで、で、上念さん面白いんで1回講演に来て下さいと、もう職員も結構参ってるんでみたいなので。じゃあ励ましまーすって、まあ僕が知ってること喋っただけなんですけど、そうしたらもう皆さん凄く勇気づけられたらしく、その講演のあとに、せっかくだったら客員教授来年からやってもらえません?みたいな

生田氏: 軽っ!

上念司: そういうのあって。僕は加計学園の設置に関してはコンプライアンス上何の問題もないと、いうことはいつも言っていて、行列ができるラーメン屋、誰が一番最初に食うか、開店前から並んでた人が食う、何が問題なの?というだけですよ。15年並んでて、ハイ開きましたつったら一人しか並んでなかったっていうから、ハイどうぞつって入って食っただけなんですけど、お前はあそこの大家と友達だろうとか言って後で難癖つけてるわけですよね。ひっでー話です。だから何も問題がないんですよ。

 

 

 

ちたろんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス