2018年新米販売の御案内~板長のこだわり3品発表します。 | 井筒屋チャリティ通販

井筒屋チャリティ通販

じゃらんで「魚料理がうまい宿」と高い評価を頂いている、ちりめん街道料理旅館井筒屋です。ですが、年々増す修繕費にあえいでいます・・。チャリティ通販の収益は、全額井筒屋の修繕費に充てさせていただきます。皆様の御協力を、お待ちしています。


テーマ:
こんばんは。
今日は新米の初出荷日でした。
御注文いただいたお客様、ありがとうございました。
明日以降、順次到着すると思います。
よろしくお願いいたします。
 
出荷日になりましたが、板長のこだわり3品を発表します。
↑盛り付けの一例です。

その1 青しその香りに、板長が惚れた!青しそと塩こぶ和え

皆さん、炊き立てのご飯にゆかりをかけたことありますよね?

ゆかりは赤しそから作られます。

では、青しそはご飯のお供にならないのか?

これがもう、サイコーに合うんですよ!!!

なにより、ふたを開けた時の青しその香り・・

たまりません!!!!!

塩もみした大葉と、塩昆布のコラボ。この単純な組み合わせが、ご飯の美味しさを引き立てます!

新米と合わせて、ぜひお召し上がりくださいね。

原材料 青しそ・荒塩・塩こぶ

 

 

↑盛り付けの一例です。

その2 女将が一人で白飯五杯食べました(笑)

伝説のおかず・いかの沖漬け

新鮮なイカを、内臓ごとたれに付け込んだお料理です。

名前の由来は、船の上で漁師さんがとれたてのイカを醤油につけて

作ったことから「沖漬け」と呼ばれています。

元は船上で作るものなので、あまり手間のかからない料理・・・?

なんてことはありません。板長が沖漬けを作るときは、

いつも徹夜になってしまいます(笑)

 味付けは。塩辛よりもやや甘く、白ご飯や日本酒に最高です。

女将が惚れた板長の一品料理。

ぜひお召し上がりくださいね。

原材料イカ・濃口醤油・日本酒・みりん・唐辛子

 

 

 

↑盛り付けの一例です。

その3 地酒の酒粕と白味噌に漬け込んだ季節の地魚の酒粕焼き。

与謝野町を代表する酒蔵の一つ、谷口酒造さんの酒粕、白みそ、みりんを混ぜて練り上げ、そこに

地魚を漬け込みます。

 アルミホイルに包んで、野菜と一緒に焼いて

お召し上がりくださいね。(薄味がお好きな方は、

周りの酒粕は控えめに。)

おすすめの野菜・・・大根、ささがきごぼう、

えのき、しめじ、太ネギ、白菜、にらなど

個人的には、ちょっと焦がしたほうが好きです。

また、焼きたてよりも、五分ほど待って野菜まで味がしっかりしみてからが、よりおすすめです。

 江戸時代、酒粕は滋養食として食されました。

麹や酵母菌由来のビタミン・ミネラルたっぷり!夏ばてで疲れた身体を、中から癒して下さいね。

原材料 地魚・酒粕・みりん・荒塩

 

○お米と地酒と地魚の関係性

 私自身、かつて醸造学科という「お酒を作る学校」に行っていました。そのときの講義の中で、先生の言われた言葉をご紹介します。

「山に降った雨が、米を育て、地下水となった水と米で日本酒が作られる。また雨は、川を下り、海に流れ込み、海の魚を育む。日本酒も米も魚も、根源の材料である「水」が同じなので、その土地で造られたコメに、醸された地酒、そしてその地域の海の幸、合わないはずがない。

というものでした。私自身が地産地消にこだわる

きっかけとなった言葉です。

  丹後はお米もおいしく、地酒を作る酒蔵もとても多い所です。そのような地域は、水がおいしく豊かで、米作りや酒造りが行われているため、古くから人が集い、歴史が深いところが多いです。ぜひ、その地域を味わうと思って、お米と地酒、そして地魚を楽しんでいただけたらと思います。

✅我が家用に、いち早くおいしい新米を、たっぷり食べたい。

✅板長のこだわりを自宅で味わいたい!

 

次回、第2回発送9月27日(木)発送

平成30年9月24日(月)迄にお申込み下さいね。

 

9月に入り、稲刈りの風景が見られるようになりました。

井筒屋で食べる新米を、御自宅で味わいませんか?

井筒屋の仕入れ先・有限会社あっぷるふぁーむさんの新米をお届けします。

ご自身やご家族で食べるのはもちろんのこと、敬老の日や、お歳暮にもおすすめです。

 

✅敬老の日に合わせて、美味しい新米を贈りたい。

✅我が家用に、いち早くおいしい新米を、たっぷり食べたい。

第1回発送9月13日(木)発送 平成30年9月10日(月)迄にお申込み下さいね。

第一回の出荷は、終了いたしました。

 

第2回発送9月27日(木)発送 平成30年9月24日(月)迄にお申込み下さいね。

 

✅年末はみんな忙しいですよね?ちょっと早いですが、お歳暮の予約、今しませんか?

✅年越しに、美味しいお米を食べて、晴れやかな気分で新年を迎えたいかたへ。

第3回発送12月19日(水)発送 平成30年12月10日(月)迄にお申込み下さいね。

 

✅たっぷり食べたい方 ✅大家族 ✅自家用に

✅井筒屋のごはんがおいしかった!という思い出を、共有したい方におすすめです。

6500円コース 税・送料込み

(北海道・沖縄・離島は送料+500円別途申し受けます。)

新米5kg+板長おすすめの白いご飯に抜群に合う、身体にもいいおかず3品(クール便でお届けします。)

お届け後は、おかず3品のみ、速やかに冷蔵庫へ入れてくださいね。

 

✅たっぷり食べたい方 ✅大家族 ✅自家用に ✅白いご飯のみ、味わいたい方へ。

5500円コース 税・送料込み

(北海道・沖縄・離島は送料+500円別途申し受けます。)

新米5kgをお届けします。(おかずはついていません。)

 

✅贈答用に  ✅普段あまりお米は食べないけど、この時期、新米だけ食べたい方に。

✅井筒屋のごはんがおいしかった!という思い出を、共有したい方ににおすすめです。

4000円コース 税・送料込み

(北海道・沖縄・離島は送料+500円別途申し受けます。)

新米1kg+板長おすすめの白いご飯にぴったりの、身体にもいいおかず3品(クール便でお届けします。)

お届け後は、おかず3品のみ、速やかに冷蔵庫へ入れてくださいね。

新米通販注文方法
コース名・お名前・住所・電話場号・お支払方法・お届け時間帯をご連絡下さいね。
・プレゼントにされる場合は、贈り先様のお名前、ご住所。電話番号を教えて下さい。
電話でのご注文・お問い合わせ 0772-42-2012(平日9:00~17:00)
メールでのご注文・お問い合わせ info@chirimenkaido-idutsuya.jp(24時間受付)
・はがきでのご注文 同封の注文はがきに、必要事項を記入の上、ポストに投函くださいね。
発送について
第1~3回の発送日に発送します。
 万が一、お申込みいただいた時点で在庫がない場合は、一旦ご連絡いたします。
 御了承いただいた上で準備でき次第発送いたします。
◎送料は無料です。(北海道・沖縄・離島は送料+500円別途申し受けます。)
◎発送方法は商品ごとに個別に記載しています。ヤマト運輸での発送になります。
お支払いについて
◎PayPalまたはクレジットカードでのお支払い
 メールでのご注文限定になります。メールで請求書をお送りしますので、メールに書いてある手順に
 添ってお支払いください。
◎郵便振り込み・・商品に同封の振込用紙でお支払いください。(手数料無料)
(贈答品の場合、注文主様のご自宅に振込用紙をお届けします。)
◎代金引換・・手数料は無料です。

 

 

 

井筒屋にご宿泊されたお客さまの感想

 

 
◎大人一名様に付き、500円引き
または
◎地酒プレゼント!
どちらかを選んでくださいね。

 

 

電話0772-42-2012
 
 
井筒屋チャリティ通販
明治23年創業の老舗であるがゆえに・・建物や機械類の修繕費に追われています。
チャリティ通販の収益は、全額井筒屋の修繕費に充てさせていただきます。
予約特典:じゃらんで使えるポイントが2%たまります!
 
口コミ投稿を書くと、航空会社のマイルがもらえるそうです。
 
 
井筒屋に直接予約の場合の予約特典
2018年4月より
◎大人一名様に付き、500円引き
または
◎地酒プレゼント!
どちらかを選んでくださいね。

 


電話0772-42-2012
 

井筒屋にご宿泊されたお客さまの感想

https://www.chirimenkaido-idutsuya.jp/category/voice

 
井筒屋チャリティ通販
明治23年創業の老舗であるがゆえに・・建物や機械類の修繕費に追われています。
チャリティ通販の収益は、全額井筒屋の修繕費に充てさせていただきます。
 


○天橋立から車で約15分


○与謝天橋立ICから車で約10分
 

○伊根の舟屋から車で約40分
伊根町の観光の前後にいらっしゃるお客様も多いんですよ。
 

ちりめん街道 料理旅館井筒屋
https://www.chirimenkaido-idutsuya.jp/
 

板長鈴木孝昌
女将 鈴木和女
平成27年、京都食育先生に認定していただきました。
京都府与謝郡与謝野町加悦1050番地
電話0772-42-2012
○ Izutuya is about 15 minutes by the car from Amano-hashidate and about 10 minutes by the car from Yosa Amano-hashidate IC.
The Chirimen Street
The Japanese-style hotel and restaurant,Izutuya
The chef Takamasa Suzuki
The landladyKazuko Suzuki
Our specialty is japanes cuisine.
1050  Kaya ,Yosano city,Yosa District,Kyoto ,Japan
Phone 0772-42-2012

 

 

 

 

 

 

井筒屋チャリティ通販さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス