いつも。 椋本真叶

テーマ:








アイスが溶けたクリームソーダと

ごはんとずーちゃんのおてて




今寝てたら泣きながら起きた
夢の中で泣いてた めっちゃ泣いてた







友達の嫌だって思うこと、
伝えられる関係なら伝えてみたらって

この間人に言われて


言いたいし言おうと思えば言えるけど
友達が嫌な思いするのは確実だし
言ったところで聞いてくれて終わりそうだし

ってことは私はその子にとって、
嫌だって思うこと伝えてみたとしても
直そうとしてくれないレベルの存在なんだなって

さっき寝起きの頭で
高速で思考がぐるぐるして 思った




大切にされてないなって実感する事多くて
まあそれは、きっと、私のこの頭のせいで

大切にしてくれてる人は近くにいるよ
それにもちゃんと気付いてるから大丈夫、


でも私にとってはすごく大切な子だから
頑張って近くに居ようとしちゃってたんだけど
そんなことしなくてもいいのかなって

そんなことしない方がいいのかな
そんなことする必要ないのかなって



大切にしたいと思ってたはずなのに、
何度も何度もその子に落胆している自分がいて


もう呆れさせないでよ、
もう落胆させないでよって
よく思っちゃっててね

それ通り越して、もう知らないよって
最近は思っちゃってる




そんな感じ



ブログに書くようなことじゃ
ないと思うんだけどね

可視化することで結構落ち着くの




タイトルは
Maison book girlさんの
faithlessness の歌詞です


裏切られて。裏切るの。
いつも。




裏切られるってなんだろうな、



こんなブログ書いてたらその友達と
会いたくなってしまったし
話したくなってしまった

大好きだからこんなぐるぐるしてるんですよね

同じだけ大切にしてもらえるような
人間だったらよかったんだけどなあ


人間関係ってめんどくさい!



でも結局人間すきなんだろうな、わたし