ダブルバインドとダブルスタンダード | タンタンとパパの子犬の社会化ブログ

タンタンとパパの子犬の社会化ブログ

最新のドッグトレーニングや犬に関する情報

 

ダブルバインドとは「二重拘束」とも言いますが、

二つの矛盾した命令をされることで困惑し思考停止して自由な判断ができなくなる状態

をいいます。

 

 よく、ドッグランで犬を呼び寄せておいて犬が戻って来たら、

「なぜ早く来なかったの?」などと叱る人がいますが、

犬にとっては「命令に従って戻って来たのに叱られた」という

ダブルバインドに陥っているわけです。 

 

これを何度も続けていると犬は自分の名前が呼ばれた時、

戻らないといけないが、戻ると嫌なことがあるというジレンマで、

どうしていいか分からなくなり、

同時に飼い主に対する不信感が高まります。

 

同様に「オスワリ」を覚えた犬に続けて「フセ」を連続して教えようとして、

できないと叱るという場合も、飼い主側としては、

「オスワリはもう覚えたからいい。次はフセができないから叱っている」

と思っているかもしれませんが、

犬にとっては「オスワリに従ったのに叱られた」というダブルバインドで、

オスワリ」もできなくなってしまうことがあります...

 

 

 

次にダブルスタンダードとは「二重規範」ともいい、

同じような状況でそれぞれ異なる指針が不公平に適用されることをいいます。 

 

例えばいつもはソファーの上に乗ると叱られるのに、

お客さんが来ているときは乗っても叱られないとか、

お母さんはソファーに乗ると叱るのに、

お父さんは乗れと促すなどがそれに当たります。

 

家族が食事をするときも、お母さんは欲しがると叱るのに、

子供たちは隠れて与えたりするのもダブルスタンダードです。

 

このような状況がいくつもあると、

犬はやはり混乱しルールがよく分からなくなってしまいます。 

 

飼い主は自分なりの基準に沿って犬に対応しているつもりでも、

実は犬が指示やルールに従わなくなる原因を作っていることが数多くあることを認識し、

家族全員で同じ対応をするよう決めておいてください。

 

 

まぁ、犬は人間と違って状況の微妙な差異を認識して、

この人の場合はこうで、この人の場合は違うなどということを、

理解するのは得意なんですけどね...

 

でも、「本当はこれが正しいのだけど、今日は特別」とか、

「本当はママが正しいのだけど、パパは優しいから」などという理解ではなく、

単に状況から過去に照らし合わせた可能性として行動しているだけで、

要求が通ったり通らなかったり、人によって叱られたり許されたりすることは

好ましくないわけです。

 

一元化したルールがあり、家族全員がそれを崩さないほうが、

犬にとってはフラストレーションは少ないでしょうね...