香川県高松市の

おうち探しコンサルタントの

濱井 晴美です

 

 

 

あなたの条件に

ぴったり合ったお部屋探しの

お手伝いをします!

 

 

 

高松では有名な

「まんばのけんちゃん」

 

 

 

まんばとは高松付近の方言で

高菜(大からし菜)のこと

 

 

けんちゃんとは「けんちん」のことで

油で炒めた野菜を

くずした豆腐と一緒に煮たもののこと

 

 

 

お雑煮と同じで

家庭それぞれ微妙に味が違う

 

 

 

砂糖を加えたり

塩や唐辛子でピリッと仕上げたり

煮出した後のいりこを加えたり

 

 

 

これが正解というのはないけど

おふくろの味

郷土料理

 

 

 

わたしの母は広島出身のため

見様見まねのけんちゃんに

+αでアレンジ

 

 

 

母の想いがいっぱい詰まって

定番野菜以外の野菜がたくさんの

けんちゃん

 

でもわたしにとったらご馳走で

母の味で大好物

 

 

 

けんちゃんだけで

ご飯のお替りできるぐらい(笑)

 

 

 

そして今日はわたしが

一月の中で一番忙しい日アセアセ

 

 

 

月末が休日の為

翌日の今日が支払い日

 

 

 

忙しくパソコンとにらっめっこの

事務処理の一日

 

 

 

母はそんなわたしの

仕事のサイクルを分かっていて

支払日にはよく夕飯の一品にしなさいと

おかずを多めに作って持ってきてくれる

 

 

 

その一品がどんなに

ありがたく、助かるかることか

 

 

 

忙しかった一日だったけど

母の想いが嬉しく

ありがたく今夜の夕飯にピンクハート

 

 

 

娘も食卓のおかずを見て

これああちゃんのやろ?と

野菜のゴロっと感を見て分かるらしい(笑)

(我が家はおばちゃんとは呼ばせていない)

 

 

 

この年になり母の、

親の気持ちが良くわかり

 

 

 

子どものころは、全然気づかなかったけど

今だからこそわかる母の偉大さ

優しさに感謝ですピンクハート

 

 

 

何度かお会いしていたら

お客さまがポロッ、ポロッと

胸の内を話してくれることがあります

 

 

 

不動産って

将来、所有不動産を子供に

相続させたいという親の気持ちが

いっぱい詰まってるものなんです

 

 

 

でも、親の心子知らずで

親の子に対する深い愛情がわからず

うまく伝わっていないこともあるんです

 

 

 

親が良かれと思ってやっていることも

子供にとったら過保護と

思うこともありますが。。。

 

 

 

どの親も

子供ってかわいいもんなんだろうな~と

お客さまの気持ちがよく分かる

 

 

 

 

まだまだ分かり切ってはいないけれど

自分が親になってみなければ

親の気持ちは分からなかった

 

 

 

そんなプライベートなお話を

聞かせていただいて

少しづつ距離が近くなりながら

仕事が進んでいくことも多いです照れ

 

 

 

若い頃にはなかった

人生経験を重ねてくる

醍醐味ですね

 

 

 

母の手料理を食べながら

お互いの今日の一日を娘と会話しながら

 

 

 

一言いったことに反論してくる娘。。。

 

 

 

親の心子知らず。。。

そう簡単には伝わらない。。。

 

 

 

でも〆はけんちゃんを丼にして

食べてる2人

やっぱり親子やねママ!って言ってくる娘に

 

 

 

ママは怒ってるんだけど

ちょっと嬉しい(笑)

 

 

 

今日もありがと爆  笑ラブラブ