私としたことが!酒鬼薔薇事件が少年法改悪に関係しているという、重要な文言を入れ忘れました!恥ずかしい!

再度抗議メールを送信しました。

皆さんも読んでください。(訂正したのは青文字からそれ以降です。)

これは、本当に重要なことですよ。


https://child-adolesc.jp/proposal/20210222/ 

貴団体の「少年法等の一部を改正する法律案」に反対する声明を拝読し、大変ショックを受けました。

「私たちは、児童精神医学の観点から、18、19歳の非行少年においても生育史上、虐待や不適切な養育などが広く認められ、また発達障害を有する者が少なくないことを指摘してきました。」
とありますが、犯罪は人格障害かどうか、この一点によって決まり、自閉症スペクトラムなどの遺伝子要素は一切関係ありません。

人格障害、その中でも重度な類型を反社会的人格障害(サイコパス)と呼びます。
犯罪は人格障害、その中でも重度な反社会的人格障害(サイコパス)が行い、アスペルガーとADHDは1%足りとも犯罪と関係が無いということをよく覚えておいてください。

どうして反社会的人格障害が犯罪を行うかというと、
感情が処理出来ないので攻撃する(投影性同一視)、衝動的で行動力があること、対象恒常性機能がないので良心がないことなどが挙げられると思います。

人格障害の発生原因は明らかになっています。
3歳までの愛情不足が原因です。
http://eggs.g.dgdg.jp/topics/hattatu.html 

政府は平成10年度厚生労働白書で三歳児神話は無いと
嘘をつきました。ところがこれは真実で人格障害が大発生するのです。これを隠すために、この白書の前後に凶悪犯罪をやまのようにねつ造し、アスペルガーとADHDを犯罪者に仕立て上げてきました。

その代表が平成9年に起きた酒鬼薔薇事件です。
犯人は政府と兵庫県警です。
神戸小学生惨殺事件の真相
http://w3sa.netlaputa.com/~gitani/pamphlet/kyumei.htm
この、真相を究明する会のHPには、
死体解剖した医師の証言が載ってます。
彼の証言から、この事件はクライシスアクターを使わず、
本当に3人の子どもが亡くなっていると確信しました。
ADHDがとんでもない連中だと国民にインパクトを持って叩き込むために、政府や医学会はグルになってこの事件をねつ造したのです。

酒鬼薔薇事件の狙いは少年法改悪にあります。
三歳児神話は無いと嘘をつき、認可保育所を作ると
人格障害(サイコパス)が増え、犯罪件数が上がります。
政府はそれを見越して、ADHDとアスペルガーを犯人とする、少年法改悪の世論を作るための凶悪犯罪を多数ねつ造したのです。
酒鬼薔薇事件の犯人とされる東くんは当時14歳で、
少年法改悪(対象年齢の引き下げ)にピッタリな年齢だから
政府に目をつけられて犯人に仕立て上げられたのです。
ところが、当時複数の市民団体が冤罪であると気づき、東くん一家に接触してきたのです。地元では東くんを救うためのビラが撒かれました。そこで、政府と兵庫県警は東くん一家に事情を説明し、東くんにそのまま犯人役(クライシスアクター)なってもらったというのが真相だと思います。


貴団体は政府と繋がっているのではないですか。
少年法改悪に再度踏み切るにあたり、
人工芝団体が必要ですよね。
この抗議声明は政府を批判するもののように見せかけてありますが、そうではありません。
アスペルガーとADHDが犯罪と関連しているという文言を
医学会に政府は述べてもらいたかったのではありませんか。


アスペルガーとADHDは犯罪と1%足りとも関係ありません。酒鬼薔薇事件と同じ手口でアスペルガーとADHDを利用して少年法改悪に誘導することは許されません。
この抗議声明を訂正していだだけるよう、
強く抗議します。