many drops フリルスタンドカラーのブラウスのキット | 田舎の村の小学生日記

田舎の村の小学生日記

小学2年生で田舎に引っ越ししました。都会の子には負けない!とがんばる娘の生活と学習の様子を書いています。


テーマ:


冬のオープンで買ったブラウスのキットを作りました。


あまり遅くなると暑くなりすぎて出番がなくなってしまいます。


今の時期一枚でちょうどよい感じです。





型紙 many drops フリルスタンドカラーのブラウス


生地 キットの生地



初めての型紙ですが、少しアレンジしています。


モデルさんより横に縦に大きいので、


前後身頃の真ん中で2センチ、合計4センチ身幅を広げています。


それに伴い、スタンドカラーの代衿も同じように広げています。


もともと首周りはゆったりとしたスタンドカラーだったので、


さらにゆるい感じになりました。



あと着丈も2センチ伸ばしました。


キットの布ではぎりぎり。

 



フリルは裁ち切りの指示でしたが、


きちんと感を出したかったので、三つ折り処理しました。


先月作ってもらったリネンのコサージュがぴったり合います。


コサージュ付けて黒のスカートを合わせるとセレモニーでも


よさそうです。





後ろボタン。


C&Sのインクブルーのシェルボタンを付けました。


ぴかぴかしていてとてもきれいなボタンです。


本当はボタンの数だけボタンホールを空ける指示でした。


でも失敗しそうでやめました。


ゆるい感じで着るためか接着芯を貼る指示がなかったのです。


芯のない超薄での生地なので、失敗する自信がありました。

ボタンを付けてからホールを作るのをやめたので、


合わせが逆ですが、誰も気づかないでしょう。





第1ボタンのところに小さいホックを2つ、


第2ボタンまではホックにして開きを作りました。


それ以下は開かないように縫い付けてあります。






使用書に作り方の説明が抜けていた袖口。


フリルをはさんで適当に作りました。


こっちはボタンホールを空けましたが、


開きは作らずに止めています。






many dropsさんは好きなパターンショップです。


ナチュラルな形のお洋服が主流で、


着心地良くて気に入っていますが、


あまりゆるーい形のお洋服が似合わないので、


いつもアレンジしてカチッとした感じを足しています。


今回はフリルを三つ折りにしたところです。


仕事にも着て行けそうです。





りんままさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス