こんにちは!

横浜サプリ@Ting Garden~ティン.ガーデン.~
のプライベートブログにご訪問いただき

ありがとうございます(^ε^)♪

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-

 

2月18日は二十四節気の「雨水」。

 

雪から雨に変わり、雪が解け始めるころ。

と同時に、草木が芽生えるころで、

昔から、農耕の準備を始める目安とされてきたようです。

 

春一番が吹くのもこのころで、

もう前日に吹いちゃいましたねDASH!

 

日中は少しずつ暖かくなってきていますが、

寒の戻りはやってきますので、

まだまだ温めを忘れずに、

ゆっくり春を迎えるようにしたいですねc.blossoms*

 

 

そしてもう一つ・・・

 

 

 

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
方言といえば・・・
この短歌が思い浮かびます。
 
 
ふるさとの 訛(なまり)なつかし
停車場の人混みの中に
そを聴きにゆく
 
 
望郷の詩人、石川啄木の短歌です。
歌集「一握の砂」に収録されていて、
小学校の教科書などで、
目にした人もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
明治24年に全面開通した東北本線の、
その始発駅は上野駅。
 
北国に旅する人々、
その北国をふるさとにもつ人々が、
いろいろな思いを胸に秘めて、
この上野駅に集まってきます。
 
駅の待合室の人ごみの中に入ると、
聞き慣れた懐かしい東北弁や
南部岩手のなまりがいっぱいで、
ふるさとに帰りたくても帰る術のなかった
啄木にとって、
この人ごみの上野駅に、自分のふるさとの
方言のなまりを聞きに来ることが、
彼の心のやすらぎだったのではないか…
と、作家の遊座昭吾さんは、
語っていらっしゃいます。
 
わたしは石川啄木の短歌が好きで、
遊座昭吾さん著の「啄木秀歌」という
単行本を持っているのですが、
何度も読んで、何度も涙しました大泣きうさぎ
 
 
 
 
20代の頃、
会社の先輩たちとのスキー旅行に
この本を持参していったのですが、
途中スキーがつまらなくなり、
部屋で一人でこの啄木の短歌を読んで
泣いていたら、
戻ってきた先輩たちに、
「えカナヘイびっくりそんなもんで泣くかっカナヘイ!?」と、
不思議がられた記憶があります汗
 
わたしってやはり、
変わり者なのですかね. . . ショックなうさぎ
 
そんなわたしの方言は
関西弁になるのですが、
よく使うのは・・・
 
「ちゃうちゃう」(←違う違う)
「あんな」(←あのね)
 
ですかねカナヘイピスケ
 
関西弁を聞くと、
やっぱり落ち着きますねsei
 
-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-

記事をお読みくださった方、いいね!をしてくださった方、
とても励みになっております!!
心より感謝申し上げます☆

こんにちは!

横浜サプリ@Ting Garden~ティン.ガーデン.~
のプライベートブログにご訪問いただき

ありがとうございます(^ε^)♪

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-

 

最近わたしがハマっているのが、

漢方素材でもある「陳皮」(チンピ)

 

このブログでちょくちょくネタにしておりますが、

義母の家の庭で育った無農薬みかんの皮を

乾燥させて作った”陳皮”に、

ハマっておるのですsei

 

 

 

 

 

そして以前、

冬の乾燥&温めのお茶としてブレンドしていた

和草の素材

桑の葉と黒豆とよもぎ…詳細はコチラ→ )に

さらにこの”陳皮”をブレンドして

お茶で飲んでみたところ、

これがまた激ウマーはーと。だったのですよカナヘイうさぎ

 

↑1 桑の葉、黒豆、よもぎ、陳皮、みかんの葉の

ブレンド茶素材。

 

 

いまの自分が選んだハーブ(素材)

いまの自分が飲んで美味しいと思ったお茶

これらはすべて、

いまの自分の体の状態を

あらわしているんですよね。

 

わたしの場合、

陳皮がブレンドされたお茶

すっごく美味しいと思っている・・・

 

つまりこれは、

わたしの体は、「”気”が停滞している」ということ。

漢方の体質でいうと、「気滞タイプ」なのです。

 

具体的にいいますと、

 

・イライラしやすい

・ストレスを受けやすい

・不安感、不眠

・肩や首、背中が張る

・胃が疲れている

・むくみやすい

・舌の周りが赤い

 

これら↑1はすべて、

いまのわたしの状態なのですが、

 

「陳皮」の期待できる効果は、

”気”の巡りを良くしてくれるのはもちろん、

胃腸のはたらきを強めて、

水分代謝をアップしてくれること。

 

まさに「陳皮」は、

わたしの体や心の状態を鎮めてくれる、

素晴らしい薬膳素材なんですよねカナヘイきらきら

 

 

実は、昨年のわたしは、

陳皮の入ったお茶は、

まったく美味しいと思わなかったんですよね。

むしろ飲みたくない感じで。。。あんぐりうさぎ

 

それなのに今は、

ご飯を食べるときにも欠かせないくらいで…

ホント、体って正直なんですねつながるピスケsei

 

…というか、

おそるべし薬膳っ(東洋医学、中医学、漢方)!!

 

みなさんも機会がありましたら、

薬膳茶で体質チェック、

なさってみてくださいませーとびだすうさぎ2

 

 

★「陳皮」の関連記事

気を巡らせる「チンピ(陳皮)」&腸が喜ぶ「みかん甘酒」

 

 

-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-

記事をお読みくださった方、いいね!をしてくださった方、
とても励みになっております!!
心より感謝申し上げます☆

こんにちは!

横浜サプリ@Ting Garden~ティン.ガーデン.~
のプライベートブログにご訪問いただき

ありがとうございます(^ε^)♪

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-

 
以前のわたしは、人の目を気にする・・・
つまり、「自分のことを見つめる相手の目」が、
笑っていようがいまいが、
あまり気にすることはありませんでした。
 
だって、人間だもの。
人の顔のつくりは十人十色。
 
怖そうな顔をしていたって、
その人にとっては精一杯の笑顔かもしれないし。
 
泣きそうな顔をしていたって、
その人にとってはめっちゃ嬉しい顔かもしれないし。
 
お笑い芸人、ピースの又吉さんだって、
「オレ、不機嫌そうな顔してるけど、
これでもめっちゃ喜んでる顔やねんで」
とおっしゃっていますしね笑
 
でも、最近のわたしは、
 
「この人、笑っていない。
わたしにだけ笑っていない。
わたしの事、心良く思っていないのかな。
なぜだろう。
他の人には笑顔を見せているのに。
なぜだろう・・・」
 
そんなふうに感じてしまうのです。
 
もしかしたら、
わたしの思い過ごしかもしれないのに、
そうやって顔の表情で、
相手の感情を決めつけてしまう自分がいます。
 
被害妄想なのかもしれない、きっと。
でも、明らかに笑っていないと感じるのです。
 
わたしの心に、余裕がないのかもしれません。
 
これは、昨年の出来事。
 
とある場所で、
○○師と名のつく医療関係の職業の方と、
交流する機会がありました。
 
その方は、見た目がちょっと
キツめのお顔だったのですが、
会話をするとさらにもっとキツかったのです。
 
一般的には、
強面なのに話すとすっごく面白かったり、
やさしかったり、という方って多いですよね。
 
でも、昨年交流したその方は、
泣きそうになるくらい、
すっごく冷たい態度をとる方だったのです。
医療、癒しの現場で働く職業の人間のハズなのに、
なぜそこまで人をイジメ抜く態度をとるのだろう…と。
 
詳細は書きませんが、
わたしは、すごく辛くて、辛くて、
悲しい時間を過ごしました。
その方と交流した場所が場所なだけに、
より一層辛く感じました。
 
わたしは、それがトラウマになってしまい、
一番最初に書いたように、
目が笑っていない人に、
心が開けなくなってしまったのです。
 
補足ですが、
これは、自分のお客さまに対してではなく、
仕事以外で出会った人に対してだけです。
 
不思議なことに、
あまり笑わないお客さまがいらしても、
「この人苦手だなー」と思うお客さまは、
今までお一人もいません。
 
 
目は口ほどに物を言う。
 
人間が喜怒哀楽の感情を
最も顕著に表すのが目だということから、
何もしゃべらなくとも目つきから
相手の感情がわかるものだということ。

また、言葉で偽りごまかしていても、
目を見ればその真偽がわかるということ。
 
 
なんとなく、わかるんですね。
相手が自分に対して嫌悪感を抱いているかどうか、
その目を見れば。
 
なので、たまに外で人と交流すると、
心がとても疲れます。
相手にではなく、
自分自身にとても疲れるんです。
 
でも、これも神様から与えられた、
わたしの試練(特権)だと思っています。
 
自分の痛みを知って、
人の痛みをわかる人間になろう・・・
 
そう。
ありがたくこのトラウマと
上手(ウマ)く付き合っていこう!!・・・と 筋肉
 
トラウマの”ウマ”と上手くの”ウマ”…で、、、うまいっsei
ここで笑いを…ニヤニヤ やはり、根っからの関西人やな。
 
 
そんなこんなで・・・
 
人と交流することは、
今のわたしの心と体にとって
かなーりの悲鳴をあげることなので、
そんなときは「足つぼ」でリラックスさせますはーと。
 
わたしは、
三度の飯より笑 足つぼが好き!!

肩が凝ったら、足つぼ
腰が痛くなったら、足つぼ
冷えが気になったら、足つぼ
イライラしたら、足つぼ
人生がつまらなくなったら、足つぼ
 
なんでこんなに「足つぼ」が好きなのか?
 
それは・・・
 
足裏は口ほどに物を言う。
 
からなのですカナヘイうさぎキラキラ
 
体や心の状態が日々変化すると同時に、
足裏の状態も一緒に変化します。
そうやって足裏は、日々変化することで
いろいろな情報を教えてくれるんです。
 
体や心が疲れていると、
足裏の色、シワ、温・湿感、角質、
形、臭い、硬さ、しこり(老廃物) も、
疲れた状態になります。
 
見ただけで、触っただけで、臭っただけで、
バレてしまうんですね。
足裏は嘘はつけません。
 
足裏はわたしに本音で語ってきてくれるから、
足つぼが大好きなんです。
本音で話せるヤツだから、大好きなんですカナヘイピスケカナヘイハート
 
そんな足裏の、今の本音は・・・
 
「サリーさん、あなた”胃”が疲れてますよー」
 
 
上のイラストの○(赤マル)の部分…
 
足裏土踏まずの少し上あたりが
「胃」の反射区なのですが、
人と交流したこの日は、
ここの部分にしこりがあり、
「胃」の下の「十二指腸」と「すい臓」の反射区も、
かなり、かなーり、張りが強かったんです。
 
刺激物も食べていないし、
暴飲暴食もしていない。
 
・・・てことは、
 
心因性によるストレス、
なのかもしれませんね。
胃は心の影響を受けやすいですから。。。
 
自分でも納得の結果です。
 
わかっていながら、ストレス覚悟で、
あえて行動を起こしているんです。
自己責任ですから、問題はありませんつながるうさぎ
 
大丈夫。
いろんな困難を乗り越えてきたわたしなら、
うん!! だいじょうチョキ ブイっsei
 
 
体のお疲れにももちろんOKですが、
心のお疲れにも、
免疫力UPの「足つぼ」は、
おすすめですよsei
 
 
追伸
これを読んで、
「サリーさん大丈夫?」って、
心配はご無用ですよー口笛
ちょっと心のモヤモヤを
吐き出したかっただけですから笑
 
-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-

記事をお読みくださった方、いいね!をしてくださった方、
とても励みになっております!!
心より感謝申し上げます☆