■「器の小さな男性」と幸せになる方法(笑) | 「好き」であふれた毎日を生きよう♪

「好き」であふれた毎日を生きよう♪

好きな人、好きなもの、好きなことに囲まれた人生。


テーマ:

年末に旦那さんとケンカした記事を

 

アップしたけど↓

 

 

■旦那さんとケンカしたから、男女の仕組みを解説します。

 

 
 
旦那さんは基本的に私のブログは
 
全部読んでるからね。
 
今回は「このケンカはブログに書かせてもらう!」
 
なんて宣言したけど(笑)
 
いつのタイミングで読んでるかはわからないので
 
どういう印象だったのか、ドキドキすることは
 
あるんだよね。
 
 

*******************

<おすすめ記事>

結婚17年目、ラブラブ夫婦の思考のクセ

「ありえない素敵な自分」になる鍵を手に入れるには

収納は「女王様目線」で考える!!

大嫌いな人が一瞬で平気になる方法!!

*******************

 

 

私はこのブログで記事で、
 
誰かの悪口を書くつもりはない。
 
 
でも、相手があることだと、
 
傷つけるつもりはなくても、
 
相手が記事を読んで受ける印象って
 
こっちの予想もしてなかったことだったり
 
するので、
 
傷つけちゃったりしたら困るなぁって
 
思うんだ。
 
 
だから、旦那さんのことを記事にするときは
 
ちょっとドキドキする。
 
これは、今回みたいなトラブルに限らず、
 
ラブラブなこともね。
 
だって、相手にとったら、
 
恥ずかしくて言われたくないこと
 
かもしれないやん。
 
 
だから、結構私もリスクを冒して
 
書いてるんだよー。(^^;)
 
 
なぜそんなにリスクを冒してまで
 
書いてるかっていうと、、、
 
 
それは、あなたに伝えたいから。
 
 
何かの「ヒント」や「気づき」に繋がったら
 
嬉しいなって思うからなのね^^
 
 
だから、今日も書くけど(笑)
 
 
しかも、このタイトル(^^;)
 
 
多くの人に届きやすいかなと
 
こんなタイトルにしてみたけど、
 
旦那さん傷ついたらごめんね(^^;)
 
 
 
さて、今回のケンカのとき、
 
私は、旦那さんが子供みたいに
 
感情的に怒ってるとき
 
「・・・ちっちゃい男やな・・・」
 
なんて聞こえるように言った。
 
 
昔は、火に油を注ぐようなことは
 
絶対言わなかったけど、
 
心の勉強をしてから
 
言えるようになった私の心の声。笑
 
 
そして、昔は、激しく怒る行為は
 
絶対嫌いで、受け入れられないと
 
思ってたけど、
 
もっと広い意味で旦那さんのことを
 
信用できるようになったから
 
言えるようになった言葉かも。笑
 
 
旦那さんは、短気な面があって
 
激しく怒ったりするけれど、
 
鎮火するのも早いのね。
 
さっき怒ってたのに、
 
その10分後、もう笑ってたりする。
 
 
それで、すっかり落ち着いて
 
バツ悪そうに「ごめん♡」
 
なんて言ってくる。
 
そして、「私!ちっちゃマンです!」なんて
 
ポーズとったりしてる(^^;)
 
 
昔は、さっきあんなに嫌な思いをさせて
 
おいて、すぐそんな調子いいこと言って
 
許せない!って思ってたけど、
 
これ実は、感情的で情熱的な人の
 
「特徴」なんだよね。
 
怒りを激しく放出することができると
 
怒る時間は短く済むことが多い。
 
 
 
私は、感情的じゃないけど、
 
実は怒らないわけじゃなくて、
 
怒りが静かに長く続くタイプなのね。
 
 
旦那さんが感情的に怒って
 
色んなものに八つ当たりして
 
嫌だなぁって思った時とかに、
 
「私の怒り」が生まれるんだけど、
 
それは「静かで長い」の。
 
 
例えば、旦那さんがその後、
 
私に笑顔で謝ってきても
 
キスを迫ってきても
 
数日は静かにかわす。
 
 
「ぷん!」とか「無視!」とかそんな
 
わかりやすい感じじゃなくて、
 
見た目にはそんなに変わらなくても
 
「ちょっと今触られるのは
 
嫌やわ(`・ω・´)」
 
って感じ。
 
 
これも立派な「怒り」なんだよね。
 
 
私は「感情的に怒る」のは苦手で、
 
「静かに怒る」ということを
 
選んできただけの話。
 
 
人によっては、こっちの方が
 
よっぽど嫌い!って人もいるよね。
 
 
例えば、お母さんがそういうタイプで
 
「はっきり言ってよ!!」って
 
思ってきた経験がある人とかね。
 
 
だから、どちらもマルなんだよね。
 
怒りの表し方は人それぞれだし、
 
怒りは絶対みんなにある感情だから。
 
 
だって人間はみんな「喜怒哀楽」を持って
 
生まれくるんだからさ。
 
 
そして、旦那さんは「ちっちゃマン」だったら、
 
私も「ちっちゃウーマン」だったり
 
するわけよ。
 
 
だって、私が仏のように慈悲深かったら
 
旦那さんが失敗して八つ当たりしてるのを
 
見て、「ムカつくから私に触らないで」
 
なんて思わないわけよ。笑
 
 
なので、ちっちゃい足りない者同士、
 
時々、お互いに怒りも出しながら、
 
やっていくのが人生なのですよ。笑
 
 
そして、
 
「ちっちゃマン」はちっちゃいけど
 
ちゃんと「大きいとこ」も「すごいとこ」も
 
沢山あるのね。
 
 
「ちっちゃい」ところを見つけて
 
ショックを受けたら、つい、
 
「ちっちゃい」ところばかりピックアップ
 
する癖が付きがちだけどね(^^;)。
 
 
実は「ちっちゃマン」は「でっかマン」でも
 
あるんだよね。
 
 
その「でっかマン」のところを
 
見つける能力って、
 
結婚したら急激に衰える人がいるので
 
要注意です。(笑)
 
 
この能力を衰えないように
 
普段から鍛えておくと
 
「ちっちゃマン」と末長く幸せに
 
暮らすことができるのです。笑
 
 
私はこの能力の筋トレを
 
普段から自然にやっているので、
 
「ちっちゃマン」が「でっかマン」に
 
見える。
 
そして、旦那さんも私に対して
 
そうだと思うんだよね。
 
「ちっちゃウーマン」を「でっかウーマン」に
 
格上げしてくれる時もあると思う。
 
お互い、持ちつ持たれつだな。(笑)
 
 
 
「ちっちゃマン」は実は人間らしくて、
 
子供みたいに素直な人。
 
あなたの家の「ちっちゃマン」の
 
いいところはどこかな^^
 
 
image
 
ちっちゃマンの足の間から顔を出す
 
うちのちっちゃいワンコ(笑)
 
 
image
↑今は好きなものばかりに囲まれて暮らしてますが

昔はどーでもいい物、人、事であふれた世界にいました。

あなたの目の前の世界はあなたが作ってるんだよ^^

【心屋式メソッドであなたの心を癒し

お部屋でも同時に癒す

幸せにやさしくなれる癒しのお片づけ】

無料メール講座はこちら↓

https://goo.gl/F9jJVd

心とお部屋を癒しに導く【心屋式心理カウンセラー】おむらちもさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント