「好き」であふれた毎日を生きよう♪

好きな人、好きなもの、好きなことに囲まれた人生。


テーマ:
昨日はどんなクリスマスでしたか^^


私は、クリスマスが誕生日なので、最近は

家族の為に手料理を頑張る!!

ってことはしません。(旦那さんも仕事やし。)

数年前、自分だけヘトヘトで虚しくなったので(^^;)

今年は、実家で母の手料理を食べました。

これも親孝行(笑)

まずは、ポチをお願いします!!
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



ちもです。


昨日のつづき。。。

今日も、私のおいたちについて書いていきますね。



私は、家族で旅行に行ったことも、家族みんなで食卓を囲んだ記憶も

ありません。


物心ついた時から、兄は父を嫌ってましたから、

兄は食事の時間を父といつもずらしてました。

父もそんな兄に関わっていこうとはしませんでした。

当時の私の頭の中には、

優しい父 VS 凶暴な兄

という構図が出来上がってましたが、

2人の糸は複雑に絡み過ぎた状態だったんでしょうね。


でも、そんな父は、

私が中3の時に癌になって、一年間闘病して、

私が高1の時に亡くなりました。



私は、本当は父が癌になって、不安だったし、怖かったし、

父が亡くなってすごく悲しかったけれど、

そんな弱音を吐く事はできませんでした。

家族みんながあまり何も口に出さず、

なんかずっと緊迫した空気だったような気がします。


父が死んだ時、泣きたい自分を、頭の中の冷静な自分が

見ていて、がむしゃらに泣くこともできませんでした。


兄がいつも感情をむき出しにして、キレて怒ることを

軽蔑して自分を保ってきていたので、

「人前でそんな感情を出して恥ずかしくないの?」って

もう一人の私が問いかけてくるんです。


でも、別の私が、こんな時にも泣かないなんて、

あなたはなんて非情な人間なの!って責めてきます。

当時「私、冷たい人間なんや。。。」って思って、

ショックやったような覚えがあります。


父が死んだ半年後、母が何かコソコソ、嘘をつく様になって、

母に彼氏ができた事を知りました。

それまでの「優しいお母さん」とは別の、女の部分が沢山

出てきて、すごくショックやったし、嫌悪感を抱きました。

それまでは、母大好きで「金魚の糞」と言われるくらい

くっついていたのが、急に私の方からも親離れした感じでした。


父は生前ずっと浮気をしてたらしく、

2番目の兄がお腹にできる少し前に、その人と駆け落ちする話まで

あったそうですが、(これは父が昔、母に話したそうです。)

癌で入院してるときも、週末は母に休ませて、

浮気相手を呼んでたらしい事を、父の友人が父の死後すぐ

母に話したので、母はすごく傷ついて、

その寂しさを埋める存在が必要だったんじゃないかな。って

最近になって感じました。

父が残した借金も結構でてきたらしく、それもショックだった

みたいです。


思春期の私にとっても、父の浮気は不潔!で裏切られた!と

感じました。でも、大好きだったし、もう死んでしまったし。。

と怒りのやり場もありませんでした。


母の彼氏の存在を受け入れないといけないと思いました。

私では「大人の男性」の代わりはできないんや。母には

「男の人」が必要なんや。と自分を言い聞かせて、

納得しようとしました。


すぐに、彼氏は家に住むようになって、

私もお母さんのために仲良くならないと、

と、おじさんと二人で北海道旅行にも

行きました。(母は店をしていたので行けなかったんですけど)


おじさんは、エナメルの靴に紫や赤の三つ揃えのスーツを

着たりする、見た目どうみても、「その筋」の人って感じで。。。

でも、実際にはその筋ではなかったんやけど。


最初は優しかったおじさんも、だんだん慣れて、短気な一面を

見せるようになって、私たち兄弟はおじさんと距離を

おくようになりました。


おじさんは、ますます私たち兄弟や母に暴言を吐くようになり、

「口でわからんのなら、わかるようにしてやろかぁーー!!」

としょっちゅうキレるようになり、手をあげる事もありました。

短気なおじさんは、車で出かける時も、私たちの用意が

遅い!と、震えるほど怒って、衝動的に反対車線に車を突っ込んで

いったりする危険な人だったので、私は母を守りたくて、

私は、母を大事にしてくれないのが許せなくて、

おじさんに「お母ちゃんになにするねん!!!」って

怒鳴って怒りました。

感情を表に出す事にバツを付けて生きてきた私が、初めて人を

怒鳴りました。

でも母はその度、自分のために争われるのが嫌みたいで、

「お願いやからやめて」って私の方に泣きながら言うので、

私は母のために言ってるのに。。。って、

すごく悔しくて、すごく悲しかった。


  まだ、つづきます。。。


↓これが更新の励みです。^^↓
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


インテリアブログをしています。こちらもどうぞ♪
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

あなたを「幸せ体質」に変える心理カウンセラーおむらちもさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります