計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

昨日は長野県の志賀高原におきまして

志賀高原エクストリームトレイル2019

が開催され、計測工房でタイム計測を担当

させていただき、私・藤井が計測ディレクター

を務めさせていただきました。

 

 

プロトレイルランナー山田琢也さんがプロ

デュースする今大会。

レースは標高2000m超の山々を巡ります。

ロング54km、ミドル32km、ショート8kmの

3つの部門があります。

 

 

54kmの部のコースプロフィール。

累積標高差は3000m。

 

 

日本スカイランニング協会(JSA)管轄の

スカイランニング日本選手権としても開催

されました。

今大会のロング54kmの部が、スカイラン

ニング「ウルトラ」の日本選手権として実施。

今大会のミドル32kmの部が、スカイラン

ニング「スカイ」の日本選手権として実施。

男女各2位までに入った選手は来年の

スカイランニング世界選手権の日本代表

に内定します。

 



スタート・フィニッシュ会場は横手山スキー場。
地面にはタイム計測用アンテナマットが設置

してあります。

 

 

スタート・フィニッシュ地点の標高1700m。

 

 

ロング54kmの部は夜明け前の朝5時に

スタート!

 

なお今大会では参加者の皆さんのゼッケン

に装着されたICチップにてタイム計測をおこ

ないました。

 

 

ミドル32kmスタート!

ミドルはスカイランニングのメイン種目

「スカイ」日本選手権とあってトップクラス

のスカイランナーが集結しました。

 

 

晴れれば志賀高原の絶景を堪能できます。

(写真は2018年に藤井撮影)

 


コース最高点は横手山(2307m)。

(写真は2018年に藤井撮影)

 

 

ロング54kmの部、男子優勝は三浦裕一選手

でした。記録は6時間19分15秒。

今大会、ロング3連覇中だった小川壮太選手

とのマッチレースを制しました。

スカイランニング日本選手権「ウルトラ」の

男子チャンピオンに。

 

 

大会実行委員長の大塚浩司さんからインタ

ビューを受ける三浦選手。

 

 

ロング54kmの部、女子優勝は星野由香理

選手でした。7時間24分6秒。

スカイランニング日本選手権「ウルトラ」の

女子チャンピオンに。

 

 

そして、ミドル32kmの部の男子優勝は

上正原真人選手で3時間20分0秒でした。

上智大学の大学生という新鋭。

スカイランニング日本選手権「スカイ」の

男子チャンピオンに。

 

 

大会実行委員長の大塚浩司さんからインタ

ビューを受ける上正原選手。

 

 

ミドル32km女子の優勝は楠田涼葉選手で

4時間20分24秒。

スカイランニング日本選手権「スカイ」の

女子チャンピオンに。

 
 
早朝は弱雨まじりの暴風でしたが、一転
して昼には暑いぐらいの晴れに。
しかし午後は再び豪雨。
 
 
それぞれのエクストリームなレースを終えて
フィニッシュする皆さん。
 

 


フィニッシュした参加者の皆さんには完走証

発行所にて、各自のタイムと順位の印刷され

た完走証が発行されました。

 



フィニッシュ地点脇の計測テントで私が

オペレーションをおこないました。
 

 


ロング54kmの部の制限時間は15時間。

夜20時までレースは続きました。

 

 

最後はスタッフ全員のアーチでお迎え。

 

 

今大会は北信濃トレイルフリークス(KTF)
さんの主催大会です。
(左はKTF代表の大塚浩司さん、右は大会

プロデューサーの山田琢也さん)

KTFさんは、2019年は11大会のトレイルラン

ニングレースを企画運営されているトレラン

大会運営のプロ集団です。

 

KTFさん大会基本コンセプトは土曜日に開催。

そしてレース後はアフターパーティがあり、

アフターも楽しみ、後泊して翌日の日曜日に

ゆっくり帰るという流れを推奨しています。

レース翌日には有志によるコース清掃活動

であるクリーンアップトレイルランも実施。

 

レースは、上級者でもガッツリ走れるロング

の部と、ビギナーでも参加できるショートの部

の2つを用意しており(今大会ではミドルの部

もあり)、さらにキッズレース(今大会ではなし)、

と幅広い間口でトレイルの楽しみ方を提供

しています。

 

計測工房がKTFさんの大会を計測させて

いただくのも8年目。KTFさんの大会は、
「選手、スタッフ、主催者の3者が三方よし」

の関係にあります。

私はトレイルランニングに限らず様々な

大会を見てきましたが、これは実にハイレベル

なマネジメントなくしては成り立たない構図

であり、大塚さんの手腕が光ります。



This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がりますように。 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。