計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

昨日は長野県駒ケ根市と宮田村にまたがり、

中央アルプススカイラインジャパンが開催

され、計測工房でタイム計測を担当させて

いただき、私・藤井が計測ディレクターを務め

させていただきました。

 

今年新しく誕生した大会です。

大会公式サイトによるキャッチコピーは、

 

日本を代表する山岳エリア『中央アルプス』、
氷河時代の爪痕を残す『千畳敷カール』、

歴史と信仰の山『駒ヶ岳』、
その壮大なアルプスの麓を舞台に、本格的

山岳トレイルランニングレースが誕生する。
急激にそそり立つ山裾は挑戦者の度肝を抜く

ハードなコースが待ち受ける。

 

メイン種目のSKYLINE35Kは、距離35km、

累積標高差±3000mというハードな設定。

 

他にも、18km、10km、4kmの部門があり、

参加者のレベルに応じて楽しめる設定。

 

 

トレイルランナー大瀬和文さん(左側)が

大会アンバサダーを務めます。

(余談ながら大瀬さんはこの前日の志賀

高原マウンテントレイルで優勝したばかり)

 

 

スタート地点は駒ヶ池。

地面にはタイム計測用アンテナマット

設置してあります。

 

 

SKYLINE35Kのスタートが迫ります。

スカイランニングの猛者たち参集。

 

 

記念すべき第1回スタート!

なお、今大会では選手の皆さんのゼッケン

に装着されたICチップにてタイム計測をおこ

ないました。

 

 

フィニッシュ地点は駒ケ根ファームス。

地面にはタイム計測用アンテナマット

設置してあります。

 

 

こちらは完走証発行所です。

 

 

SKYLINE35Kの男子優勝は上田瑠偉選手。

3時間32分44秒でした。

今年スカイランナーワールドシリーズで

世界を相手に2勝を挙げている上田選手。

現在、日本国内では無敵のスターです。

 

 

SKYLINE35Kの女子優勝は上田絢加選手。

5時間3分4秒でした。

 

 

フィニッシュ後は、各自のタイムと順位の

印刷された完走証が発行されました。

 

 

そして完走者1人1人に、大会アンバサダーの

大瀬和文さんからフィニッシャーメダルが授与

されました。これは嬉しいですね。

大会プロデューサーから直々にメダルが授与

される(しかも完走者全員に)というもてなし

はなかなかありません。

 

 

朝は雨が降ったものの、天気が回復して

賑わうフィニッシュエリア。

 

 

表彰式風景。

 

 

私がオペレーションした計測テント。

 

 

最終ランナーのフィニッシュ。

SKYLINE35Kの制限時間は10時間でした。

 

 

第1回の記念すべき大会は無事終了しました。

今後、根付いてさらに発展して良い大会に

なっていくことを期待して見守っていきたいと

思います。

 

 

This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がりますように。 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。