計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:


本日は長野県下高井郡の木島平村にて
第13回たかやしろトレイルランニングレース
が開催され、計測工房にてタイム計測

を担当させていただき、私・藤井が計測ディ

レクターを務めさせていただきました。

 

 

高社山(こうしゃさん)。

 

 

地域のシンボルである標高1351mの

高社山(こうしゃさん)の山頂まで駆け上

がって下りてくるという単純明快な12km

+990mの山岳レースです。

まだトレイルランニングやスカイランニング

の黎明期である2007年から始まり、今年

で13回目大会を迎えました。

大会コンセプトを公式サイトから引用

します。

トレイルランニングブームもあり、長距離

を走るレースが多くなってきた中で、私たち

はこの10km前後の距離にこだわります。

地元小中学生、ビギナー、エリート、様々

な人が自然の中を笑顔で駆け回るその姿

こそトレイルランニングの未来があると信じ

ているからです



この大会の決定的な個性として、地元のクロ

カンスキー選手の中高生が夏の大会として

大勢参加しているのが特徴で、メインレース

の12kmレースの参加者のうち50%が中高生

です。そして午後におこなわれる小学生対象

のキッズレースも合わせると今大会の大会

参加者全体のうち65%が高校生以下という、

日本一参加者の平均年齢が低いであろう

山岳レースになっています。




会場は木島平スキー場。スタート兼フィニ

ッシュ地点にはタイム計測用アンテナマット

が設置してあります。

 

 

スタート前に実行委員長のプロトレイル

ランナー山田琢也さんからブリーフィング。

 

 

また、今大会は日本スカイランニング協会

主管の2019ジャパンジュニアシリーズのうち

の1戦となっており、SKYカテゴリーの本年

のジュニア選手権でもあり、中学生スカイ

ランナー日本一を決める大会でもあります。

日本スカイランニング協会松本代表が挨拶。

 

 

12kmスタート前。
バチバチの予感漂います。

 



スタート!
なお、今大会では参加者の皆さんの

ゼッケンに装着されたICチップにて

タイム計測をおこないました。

 

 

高社山へ向かって駆け上がる!

 


標高1200mぐらいまで上がると日陰には

残雪も(大会前日に藤井撮影)。

 

 

高社山の山頂(大会前日に藤井撮影)。

標高1351mの山頂まで990mの標高差を

一気に登って、ここからは下りの後半戦です。

 

 

独立峰である高社山の山頂からの眺望は

最高です。(大会前日に藤井撮影)。

 



激しい男子レースを制したのは、クロス

カントリースキーの日本代表選手である

馬場直人選手。

今大会では最初のゲレンデを一番速く

登った選手にスプリント賞、高社山の山頂

に一番速く登った選手に山岳賞が授与

されますが、今年の馬場選手は13回の

大会史上で初めてとなるスプリント賞、

山岳賞、総合優勝の3冠を見事達成!

 

 

男子2位も、クロスカントリースキーで

元オリンピック選手の駒村俊介選手。

今大会ではスキーのクロスカントリー選手

たちが席巻します。

 

 

 

計測テント兼完走証発行所。

 



フィニッシュした選手の皆さんには各自

のタイムと順位の印刷された完走証

が発行されました。

 

 

午後からは小学生のレース。キッズは

1.5km~3kmの距離を走りました。

 
 

日本スカイランニング協会によるジュニア

日本選手権の表彰式風景。男女優勝者

にはウィナービブが贈呈されました。

 

 

12km男女総合の表彰式風景。

 

 


今大会は、NPO法人インサイドアウト

スキークラブさんが主催しています。

地元の飯山・木島平をアウトドアスポーツ

の街にすべくクロカンスキーやトレランの

普及活動をされています。

 

「高社山のてっぺんまで登って、下りて

来る」という単純明快な山岳レースで、

地元の子供たちに確実に根付いていて、

先述した通り、今大会は参加者全体の

65%が高校生以下という日本一参加者

の平均年齢が低いであろう山岳レースを

運営されています。

その運営は「アットホーム」かつ「ファンキー」。

 

「俺たちがアウトドアの楽しさを教えてあげ

るぜ」感満載のイケてるお兄さん・お姉さん

集団であるインサイドアウトスキークラブ

さんが地元と子供たちのために全力プロ

デュースするこの大会、抜群に魅力的です。

 


This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.

 


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がりますように。 

 

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。