計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

本日は長野県上田市におきまして、

上田バーティカルレース2019 が開催され

ました。計測工房にてタイム計測を担当させ

ていただき、私・藤井が計測ディレクターを

務めさせていただきました。

 

 

別名は「太郎山登山競走」。

上田市のシンボルである太郎山(1,164m)

まで駆け上がるスカイランニング大会です。

大会1日目の本日は、バーティカルレース

が実施されました。バーティカルはふもと

から山頂まで駆け上がってフィニッシュと

いう一気登りレース。

猿飛佐助コース(エリート。5km+1000m)、

真田幸村コース(ノーマル。3.7km+700m)

という2つのカテゴリーがありました。

 

 

スタート地点は太郎山のふもとの大星神社。

スタート地点にはタイム計測用アンテナマット

が設置してあり、ここを通過した時からのネッ

トタイムで計測されます。

 

 

バーティカルレースには700人が参加。

ノーマルレースは2人ずつ、エリートレース

は1人ずつ10秒おきに走り出します。

なお、今大会では選手の皆さんのゼッケン

に装着されたICチップにてタイム計測を

おこないました。

 

 

大会プロデューサーで、スカイランナー

松本大さんがMCとして進行します。

 

 

ノーマルコースは全部歩いても完走可能で、

上田市民なら小学生の遠足で必ず登る

太郎山の登山ですので、今大会も小学生

低学年から70代まで幅広い参加があります。

これぞスカイランニングの町・上田!

 

 

勇壮な太鼓の演奏の前を駆けます。

 

 

エリート女子優勝の吉住友里選手の

スタート。

 

 

太郎山の山頂フィニッシュです。

地面にはタイム計測用アンテナマットが

設置してあります。

(計測工房スタッフH氏撮影)

 

 

山頂から眼下の上田市街を見下ろします。

(計測工房スタッフH氏撮影)

 

 

山頂でオペレーションする二見

(計測工房スタッフH氏撮影)

 

 

登って登ってフィニッシュ!

 

 

なお、山頂の計測機材は途中までは林道

を使って軽トラが運搬してくれますが、9合目

から山頂までは計測工房スタッフが背負子

で背負って運びました。

 



大星神社の計測テントでオペレーションを
おこないました。

 

 

レースが終わると、各自で下山。

上田駅前広場に設けられた完走証発行所

にて各自のタイムと順位の印刷された

完走証が発行されました。

 

 

上田駅前広場での表彰式風景。

オープンで良い雰囲気です。

 

 

本日のバーティカルレースは、2019年の

スカイランナージャパンシリーズの、

バーティカルキロメーター第2戦として

開催されました。エリートの部の男女優勝者

にはウィナービブが贈呈されました。

エリート男子優勝の宮原徹選手と、エリート

女子優勝の吉住友里選手。

宮原選手はバーティカル界の「皇帝」と呼ば

れるスカイランナーで、今大会5連覇。

 

 

なお、今大会の記録速報は、計測工房

ウェブサービス「TRAIL SEARCH」にて

ご確認いただけます。→こちら

 

 

大会2日目の明日は上田スカイレースが

実施されます。まだまだ続く、春のスカイ

ランニングの祭典。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。