計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:

さる5月21日、青森県三戸郡南部町にて

名久井岳トレイルフェスティバル2017

開催され、計測工房でタイム計測を担当

させていただき、 岡本が計測ディレクター

を務めさせていただきましたのでその

レポートです。(写真すべて岡本撮影)

 

計測工房としては初めての青森県の

仕事となりました。東北地方はトレラン

の大会数も少ないです。

 

以下は、公式サイトから引用、

青森県南部にある南部町と三戸町に

かかる名久井岳(標高615m)。(中略)
鎌倉、南北朝の時代より時の名のある

御人が訪れている歴史深いこの山。
多くの修験者がこの山に訪れたと言わ

れています。その名久井岳を利用して、

開催する『名久井岳トレイルランニング』。
トレイルランニングという今、注目される

スポーツを通して、地域の宝であるこの

名久井岳をより身近に感じてもらうこと

ができればと思っています。幅広い年齢

層の方に楽しんでいただける大会を

目指しています。

(以上、公式サイトより)
 

 

会場はチェリリン村オートキャンプ場。

メインはトレランレースですが(28km、

14km、3kmの3カテゴリー)、フェスの

大会名の通り、レース以外にも様々な

コンテンツが併設され、会場も開放的な

雰囲気でした。

 

・ビアガーデン

・飲食ブース

・アウトドアショップ出店

・山ヨガ

・里山ウォーク

・ZUMBA

・ボルダリング

・山ソリ

などのコンテンツで、レース参加者以外

でも楽しめるよう企画されています。

オートキャンプ場の雰囲気と地形を

うまく活用していると思います。

 

 

スタート兼フィニッシュ地点です。

地面にはタイム計測用アンテナマット

設置してあります。

 

 

レーススタート。

なお、今大会では参加者の皆さんの

ゼッケンに装着されたICチップにて計測

をおこないました。

 

 

フィニッシュ後は各自のタイムと順位の

印刷された完走証が発行されました。

 

 

岡本がオペレーションした計測テント。

 

 

表彰式の風景。

 

 

冒頭で触れたように東北地方は、まだ

トレイルランニングの大会自体が少なく、

計測工房としても東北地方では累積

4大会目のトレラン計測です。

 

ただし、今後の広がりというか可能性

はすごく感じさせるエリアです。

 

 

 

This is timing man.
We are professional timing man.
Born this way.
This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の
機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がり
ますように。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。