計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:
計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-9
2013年9月22-23日の2日間に渡り、長野県長野市の飯綱高原にて開催された
第14回日本エンデュランス馬術大会2013 のタイム計測を計測工房にて担当させて
いただき、私・藤井が計測ディレクターを務めさせていただきました。
(同時開催、秋季いいとき乗馬エンデュランス馬術大会2013


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-2
会場は長野県長野市の飯綱高原。北信五岳(信越五岳)の1つ、飯綱山のふもとです。
今大会は日本馬術連盟(日馬連) の主催大会です。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-1
フィニッシュ地点の設営風景です。
タイム計測用のアンテナマットですが、馬が驚いたり怖がったりしないように、
ウッドチップの下に埋めてあります



計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-8
完成したフィニッシュ地点の様子。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-12
同じくスタート地点。マットは埋めてあります。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-3
選手権では検量があり、選手と馬装(鞍など)の総重量が最低70kgなければ
失権(失格)となります。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-4
選手権は120kmという距離でおこなわれるためスタートは早朝3時です。
夜明け前(深夜?)のスタート地点の様子。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-5
早朝3時に120kmスタート!


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-6
120km以外にも、80km、60km、40km、20kmのカテゴリーがありました。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-13
スタート地点でのオペレーション風景。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-16
そしてフィニッシュ!
今回、タイム計測用のICチップは選手(騎手)の方の腕に装着していただきました。
地面のアンテナマットから、チップのある高さまでは優に2mぐらいに達するため、
アンテナから2m離れた場所のチップを感知できるかどうかもキーポイントです。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-7
計測テントでオペレーションをおこないました。
エンデュランス馬術競技は、全行程が複数のレグ(区間)に分かれていますので、
各レグが終了するたびにフィニッシュ地点に戻ってきます。各レグ終了後、その場で
カードを1枚出力し、選手に手渡します。カードには「そのレグのフィニッシュ時刻と、
獣医検査リミット時刻」が印刷
されています。このカード印刷も今回のシステムです。

各レグが終了すると、定められた時刻までに(最終レグ以外は20分以内、最終レグ
のみ30分以内)、獣医検査場にて馬の獣医検査(インスペクション)を受けなければ
いけません。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-15
こちらが獣医検査場。エンデュランス競技においては、絶対的に重要な機能です。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-10
獣医検査場の入口に設けられたテント内で再びカード発行システムを稼働させます。
こちらのカードは「VET(獣医検査)通過時刻と、次レグの出発時刻」を印字します。
なお、フィニッシュを通過した時点から、このVETを通過する時点までは、すべて
競技タイムに含まれます
。しかし、フィニッシュ後すぐに獣医検査を受けることは
できません。馬をクールダウンさせて、心拍数を落としてからでないと獣医検査に
パスしないからです。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-11
獣医検査風景。ここで様々な検査項目を獣医師団がチェックし、基準をクリアできて
いない馬は、失権(失格)となり、以後の競技を続行できません。たとえ既定の距離を
走破してフィニッシュしたとしても、獣医検査で失権になると完走にはなりません

エンデュランス競技はただ速く馬を走らせればよいのではなく、いかに馬の健康状態に
気遣いながら長時間の競技を継続するかがポイントです。

基準をクリアした馬は40分間の強制休憩時間を経たのち、次のレグの競技再開と
なります。この40分間の強制休憩時間は競技タイムから除外されます。

計測システムのキーポイントは、いかに獣医検査という機能をシステムに効率的に
反映させるかがカギでした。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-14
レグの合間の休憩中。


計測工房社長・藤井拓也のブログ-130922-17
1台で6頭の馬を輸送することができる馬運車がずらっと並ぶ様子は壮観・・・。



エンデュランス競技は、「愛馬精神」をすべての基本とし、馬の体調管理が競技
ルールに組み込まれており、馬への思いやりがなければ競技が成り立たないと
いうところが実に人間的で魅力ですね。

また、レースの前後、獣医検査や休憩中は選手以外のクルー(サポートスタッフ)
が馬の面倒をみます。あたかもF1レースのようです。チームワークも重要です。

また、他のスポーツと異なり、騎乗する選手の性別や年齢を問いません。選手の
性別や年齢による区分はないのです。





This is timing man. We are professional timing man.
Born this way. This is an everlasting journey.


今回も一期一会の貴重な仕事の機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がりますように。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。