計測工房社長・藤井拓也のブログ

マラソン大会などのスポーツイベントのタイム計測のプロフェッショナル、株式会社 計測工房の社長である藤井拓也のブログ。


テーマ:
本日、和歌山県から帰京しました。
さて昨日(2011年4月24日)、和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)那智勝浦町で
第13回奥熊野いだ天ウルトラマラソン が開催されました。計測工房でタイム計測を
担当させていただき、私・藤井が計測ディレクターを務めさせていただきました。

世界遺産の那智の滝をスタートし、同じく世界遺産である補陀洛山寺(ふだらくさんじ)
にフィニッシュする100㎞ウルトラマラソンです(100㎞以外にも75㎞と60㎞の部あり)。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野4
夜明け前の深夜2時台から業務を開始し、100㎞部門のスタート地点である那智の滝の
入口付近に写真のような計測用アンテナマットを設置します。ここでスタートチェックを
おこないました。(誰がスタートしたかの確認をICチップでおこないます)

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野5
100㎞部門は朝5時スタート。那智の滝をスタートした参加者の皆さんが石段を降りて
きます。長い長いレースの始まりです。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野6
100㎞部門のスタート地点。那智の滝。なお、75㎞部門と60㎞部門はスタート地点は
離れた別の場所になるため専用バスで輸送されますが、75㎞と60㎞の参加者の皆さん
もスタート前に必ず那智の滝で完走祈願をおこなうことになっています。事前に参加者
の皆さんには参加案内と一緒に同封されて護摩木(ごまき)が送られており、各自で
お願いごとを記入したうえで那智の滝で護摩木を焚いていただいてからスタートします。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野1
今回、コース途中で2ヵ所の通過チェックをICチップによっておこないました
1ヶ所目は100㎞部門の31㎞地点となる太田郵便局前です。(緒方撮影)

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野2
2ヵ所目は100㎞部門の76㎞地点となる長井集会所前です。(緒方撮影)
途中地点の通過データはメールでフィニッシュ地点に送信しました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野3
今大会ではコース途中に31ヶ所のエイドステーションが設置され、各種ドリンク
(水、アクエリアス、コーラ、カルピスなど)、バナナ、いちご、みかん、そうめん、豆腐、
水ようかん、梅干、あめ、チョコレート、地元の色川茶の茶粥など、ふんだんな
提供があります。エイドステーションには「次のエイドステーションまであと○○km」、
「次のトイレまであと○○km」などの丁寧な案内も書かれていました。(緒方撮影)

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野8
フィニッシュ地点は補陀洛山寺(ふだらくさんじ)。手書きで書かれた横断幕が
何とも言えない手作り感を醸し出しています。(後述しますが手作りの良さが絶賛
されている大会です)
地面にはタイム計測用アンテナマットが設置されています。今回の計測は
参加者の皆さんのゼッケンに装着したICチップでおこないました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野7
フィニッシュ地点にコンテナハウスが設置され、その中が私の仕事場の記録室
となりました。ここでスタート人数、途中通過情報、フィニッシュ集計、表彰状の
出力などおこないました。途中リタイア情報なども随時入り、人数管理データを
まとめます。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野10
会場には「熊野の祈りを東北へ!!」の横断幕が掲げられ、スタッフも参加者も
東日本大震災復興祈願を込めた黄色い応援リボンを身に着けて大会に臨んで
いました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野9
会場内のインフォメーションボードには、コースマップの他、交通機関の案内など
各種インフォメーションが掲示されていました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野11
100㎞先頭ランナーのフィニッシュ。タイムは7時間23分7秒で、惜しくも大会記録に
10秒及びませんでした。今大会は奥熊野の山中を走るコースで、高低差500mの
タフな山岳コースであることを考えると、7時間前半のタイムは好記録です。
ちなみにフィニッシュテープを持っているお嬢さんたちは地元の女子高生の皆さんで、
いにしえより伝わる「熊野詣で」の衣装に身を扮してムードを盛り上げています。
フィニッシュテープは優勝者だけではなく、全完走者にテープを張ってくれます。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野13
フィニッシュすると、「手作り完走木札」を首からかけてもらえます。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野14
さらに、おしぼりサービスがあり、非常に好評でした。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野12
各自のタイムと順位の印刷された完走証も発行されます(ちなみに場所は
記録室コンテナハウス)。素晴らしかったのは、せっかくの完走証が汗などで
グシャグシャにならないよう1枚1枚クリアフォルダーに挟んで手渡されていたこと
です。これは他の大会でも大いに参考になる参加者サービスだと思います。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野17
会場内にはリザルトの掲示もあり、前年までの各部門の大会記録(コースレコード)も
表示してありました。今年は3部門で大会新記録が更新されました。

なお、100㎞部門に限り、当日の体調にあわせて100㎞の完走が無理だと判断した場合、
70㎞もしくは57㎞のショートカットコースへの変更が用意されており、走っている途中で
コース変更してショートカットしてもフィニッシュできるよう配慮されています。
ただし、ショートカットコースに変更した場合、オープン参加となり順位は付きません。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野16
会場では各種の飲食物サービスが用意され、完走した皆さんに、手作りのうどん、豚汁、
各種ドリンク(ビールあり!)がふるまわれました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野15
走り終えた参加者の皆さんが思い思いに飲食しながら、くつろぐ姿が会場内の
そこかしこで見られました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野18
うどんは、おあげや卵まで入っており、本当に美味でした。我々スタッフももちろん
いただきました。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野19
今大会では10回完走すると「奥熊野韋駄天(いだてん)」の称号が授与され、翌年から
はゼッケンが「数字」ではなく「名前ゼッケン」になる名誉が与えられます。
ご覧の参加者の方は見事に10回完走を達成し表彰を受けているところです。

なお、ウルトラマラソン界では10回完走で称号が与えられるというのはちょっとした
トレンドです。サロマ湖100㎞ウルトラマラソンでは10回完走で「サロマンブルー」、
星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンでは10回完走で「デカフォレスト」など。

計測工房社長・藤井拓也のブログ my business is timing-110424奥熊野20
100㎞部門の制限時間は14時間30分で、夜の19時30分までレースは続きます。
夜の会場はご覧のような雰囲気になります。


とにかく地元の皆さんの手作りをベースに、参加者へのおもてなし、ホスピタリティが
これでもかとあふれている素晴らしい大会でした。13年の歴史の積み重ねの中で、
小さなことでも毎年創意工夫と改善を重ね、他の大会の良いところを取り入れ、
ここまでの形になっているということが私には肌で感じられました。

ここには書ききれませんでしたが、エントリー時に参加賞を2種類から選択できるよう
になっていたり(長袖Tシャツかナップサック)、大会前日には前夜祭があったり、
レース後には地元の温泉無料サービスがあったり、さらに大会後日にはフィニッシュ
シーンの写真入り完走証が送付されたり、至れり尽くせりとしか言いようがありません。

決して交通の便が良いとは言えない奥熊野の地に、北は北海道から南は沖縄まで
34都道府県からの参加者がいるのも、そして一度参加された方はリピーターとなって
再び参加してくださる確率が非常に高いのも、すべて納得です。

「まだ日本にはこんなに素晴らしい大会があったんだ」と感動して和歌山を後にしました。




This is timing man. We are professional timing man !

今回も一期一会の貴重な仕事の機会を頂戴したことに感謝です!
この現場が次の現場に繋がりますように。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。