掛川市の大東北公民館で10/3(日)まで開かれています。

 森町の郷土写真家、岩本雅志氏が提供した約570台の屋台写真やミニチュアの屋台が展示されています。

 コロナ禍で遠州地方の秋祭りは相次いで中止、2年間屋台の曳き廻しはできないけど、遠州地方にはこんなに多くの祭り屋台があるんだという安堵感が生まれます。

          

 祭り屋台の誕生、曳き廻しの意義について、簡潔明瞭でとても納得のいく説明です。

 1800台の写真、機会があったら引き続き紹介していただきたいです。

 以下、独断と偏見で何台かの屋台をスマホに納めました。

 

                                元同僚が制作した彫刻が施されています。                            

 

                                 宮大工だった曽祖父が制作しました。    

               

 

       これも?? でも制作年代が合わないな~、この一代前の屋台かな~。

                        

 

                             祖先(直系ではないと思います)が制作しました。   

                   

 

                       自町の屋台 

                   

 

                嘉永2年、遠州地方で最古の屋台でしょう。                        

 

                                                豪・・・・・豪華!!!

             

         

                      知り合いの大工さんだ。                       

               

 

      親戚がある地区なので・・・、青年用ということは、何台もあるんでしょうね。  

            

 

         

                       

             時間をかけてもう一度じっくり見たいですね~。

 

           にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  よろしくお願いします