ベトナム支援ツアーその④ | NGO時遊人オフィシャルブログ ~限りある時間を楽しく生きたい~奨学金支援、文房具寄付、スタッフ体験ツアー様々な活動をしています!
2016年03月12日(土)

ベトナム支援ツアーその④

テーマ:・文房具を現地に届ける
こんにちは
今回は、ベトナム支援ツアーその③にひき続き、
タイビンのバオフン中学校訪問を紹介したいと思います
この中学校はクェンフン小学校のすぐ隣にあります。

私達が学校に入ると、生徒のみんなが歌を歌って歓迎してくれました。
また、ダンスや生け花を披露してくれたり、今回の私達の訪問のためにたくさん用意してくれたんだなと思い、とても嬉しかったです。


ここでは、今回のツアーの一大イベントでもあるから揚げ作りを行いました。
先生方も協力して下さって、なんと450人分のから揚げを作ることが出来ました!
使った鶏肉の量は68kg!!
すごい量ですね
クラウドファウンディングの寄付のおかげで、私達参加者も含め、全員が満足できる量のから揚げを作ることができました。
ご協力して下さった方々、本当にありがとうございます。
作ったから揚げは生徒達に大人気で、あっという間になくなってしまいました
このような、食を通した交流は自然とコミュニケーションがとれて、日本の文化を学んでもらう良い機会にもなるので、とても素敵な企画だと思いました。
これからも継続していけたらいいです

また、One to One (奨学金) の支援者の方と生徒との手紙の交換、奨学金授与式が行われました。
受け取った生徒は本当にうれしそうで、中には日本語でお礼を言ってくれる生徒もいました。
式が終わった後、待ちきれずにすぐ手紙を読む生徒がたくさんいました。
皆支援者からの返事を楽しみに待っていたんですね
生徒にとって、支援者からの手紙は、応援してくれてる人がいるから頑張ろうというモチベーションにもつながると思うので、これからも続けていきたいです。

私は今回初めて小、中学校を訪問しました。
おとなしい生徒が多いのかなと思い訪問しましたが、実際はみんな元気いっぱいで笑顔が輝いていました。どちらが支援に来たのかが分からなくなるくらい、子供達からたくさんの元気をもらいました。生徒達は、快適な学習環境とはいえない校舎で、毎日一生懸命勉強しています。改めて、自分の国の豊かさ、恵まれた学習環境で学べることに心から感謝しなければいけないと思いました。楽しそうに学ぶ子供達を見て、私が受けてきた教育と同じくらい丁寧で深い学習を、ベトナムの子供たちにも受けてもらいたいと心から思いました。



その⑤に続く

山田智恵

一般財団法人NGO時遊人 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]