とあるスタッフの チビイカ秘密テクニック公開♪ | 釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムの釣り好きスタッフ達が、西へ東へ南へ北へと魚を追い求めてバタバタしている(笑)様子を、ゆる~くお届けしています。釣れたら楽しい!釣れなくても楽しい!そのニュアンスを少しでもお届けできればと・・


テーマ:

そろそろハイシーズンに突入する、チイチイイカ・マツイカ・ベイカなどの小型ツツイカ。

今回は、ちょこっと丸秘テクニックを公開しちゃいましょうニコニコ

 

 

まずは昨晩の、タイムオリジナルのリトルエギを使った、福山での釣果から目

 

 

 

 

細身なこのタイプのイカは、5月中旬まで成長をつづけ、下津井周辺では胴長20cmぐらいになります。

 

 

 

このタイプのイカは、小型ツツイカの中でもっとも肉厚があり、ここから太くはなりますが、最大長はコレぐらいです。

 

 

 

今はコレぐらいのがアベレージ。うっすら透けて見えるのは卵です。

 

 

 

2種類を並べるとこんな感じ。上の小さい方が、最終的には大きくなります。

 

 

よく目にするめど、一番釣りにくいのがミミイカ。

動きが不安定で、なかなかガッツリと抱いてくれません汗

 

 

もう1種類いたんですが、まだ小さすぎて釣るには早すぎました。

 

 

このチビイカ(といっても立派な大人なイカ)を釣るために作ったのがタイムオリジナルのリトルエギです。

 

今年の新色(最終プロトなので、製品とは若干異なるかも)

 

 

この釣りを語るには、まずはパイオニア的存在のヤマリアさんのナオリーについてお勉強。

 

 

小さいエギというのは、各社から出ていましたが、アオリイカではなく、小型のツツイカ専用に作られたのは、これが最初のアイテムでしょう。

 

 

とは言え、アオリイカの新子イジメに使うか使わないかは釣り人のモラル。

そこに訴えるため、”NOアオリ”っていうメッセージを込めて”ナオリー”ってネーミングなんですよ。

 

 

そんな事いったってね~、釣れるなら釣りたいし・・・・ってのが釣り人の本音だと思います。

 

 

ヤマリアさんの凄いのは、エギ王で培ったアオリイカの知識を逆手にとって、ナオリーのセッティングをアオリイカの好みから外していること!!

 

 

アオリ用のエギより、少し沈みが遅いのと、早いのとを作ったことで、ツツイカにはしっかりアピールするけど、アオリイカは比較的興味が薄い感じの仕上がりです。

 

 

自分は、ナオリーを軸に各社のエギを使ってチビイカを楽しんでいたんですが、やりながら感じたこと。

 

 

岡山・福山のチビイカには、ゆっくり沈む方が効果的チョキ

 

 

早く沈むタイプは、ヒイカ釣りに良いらしいんですが、そのタイプのイカはこの地域にはいないんですよね。

 

 

このころから、チビイカ専用のエギの試作がスタートするんですが、そこに変な壁が出てきます。

 

 

エギよりも釣れると流行り始めた、”オッパイスッテ”の存在です。

 

 

何が壁かといいますと「水中の姿勢。」

 

 

通常エギというのは水平から斜め前方へ傾きながら沈み、イカにアピールするように出来ていて、それが当然だと思っていました。

 

(イメージ的にはこんな感じで沈んでいきます。)

 

 

それに対して、オッパイスッテは水中で直立するんです。

横向きじゃないと駄目なんじゃないのはてなマーク

 

 

直立する物体が、どんなエサに見えるんだろう・・・・

 

 

疑問はあるけど、釣れるだからこの方が正解何かな~

 

 

よくよく考えると、ヤリイカ・スルメイカを釣るためのツノ仕掛や、最近流行の鉛スッテも水中では縦になってる。

 

 

直立姿勢ありじゃね!?

 

 

開発をスッテに方向転換しようっかなって、一時真剣に考えましたが、操作性が面白くない汗

やっぱ、エギングみたいにシャクる動きだったり、引き抵抗がある方が釣りしてる感が強い。

 

 

現に、通常のエギで十分釣れてるんだしシラー

 

 

そんなことを色々考えて、出した結論。

両方の動きを出せるエギにしちゃえDASH!

 

 

ということで出来たのが、リトルエギなんです。

 

 

今日の本題 チビイカの丸秘テクニック。

 

リトルエギ1.5号を軽くシャクっ後、1~2秒ほど、わざと糸ふけを出して下さい。

そうすると、水中でリトルエギが縦になります。

 

 

そこから、かる~くテンションフォール。

こうすることで、エギのように誘い、スッテのように抱かせることができます。

 

 

当然、糸ふけを出さずに、カーブフォールさせてエギと同様に釣っていくのもありです。

 

 

リトルエギの1.8号の方は、エギの方に動きを寄せていますので、縦にはなり難いですが、慣れてくるとこちらでも出来ると思います。

 

 

おそらく、使った皆さんは、知らず知らずにうちにこの動きになってて、この動きで釣れたことに気づいてないと思います。

 

 

タイムのスタッフもほとんど知らない事ですしにひひ

 

 

~黙ってた理由~

最近の釣り人の傾向として、雑誌やネットに書いてたとか、プロが言ってたからって、そのままやられる人が多いですよね。

 

 

これって、釣りの楽しさを半減してるって思うんです。

変な先入観が無い方が、色んな事が試せて、釣りの幅が広がるんじゃないかな~ってね。

 

 

そうは言っても、皆さんに沢山釣ってもらいたいのも製作者としての願いなので、今後もこんな感じで、情報を小出しにしていきます。にひひ

 

け~~っして、自分だけが知ってる状態で、爆釣を願ってた訳では無いですよあせる

 

 

タイムHPへ http://www.f-time.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣り具のタイムマスコット もてなしマンボーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス