とあるスタッフの ベイトタックルを考える | 釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムの釣り好きスタッフ達が、西へ東へ南へ北へと魚を追い求めてバタバタしている(笑)様子を、ゆる~くお届けしています。釣れたら楽しい!釣れなくても楽しい!そのニュアンスを少しでもお届けできればと・・


テーマ:

今年も残すところ1ヶ月余りDASH!



100魚種足踏み状態の自分です汗



前半戦にシーバスを封印していた反動が来ちゃいまして



現在シーバスに夢中ラブラブ!



シーズンが終わろうとしている今頃になって



高梁川の新規ポイントの可能性に遭遇えっ





たまたま釣れたのは この時期にしてはスレンダーな小型でしたが



タイミングを合わせていけば 何となくムフフな雰囲気がドキドキ



年明けからアフターの本格調査予定グッド!



この時期の本命ポイントは 相変わらず円盤だらけあせる




今年のアカエイは特に数が多い印象叫び



ママカリが入っているんで 



それを捕食しているグッドサイズのシーバスの気配はあるんですが



パッと見でも3~5枚の円盤が動いているんで目あせる



危険すぎて エントリー不能ドクロ



ここも 年明けまで封印かな~ハートブレイク



寂しい思いもありますが 振り返ってみると



今年の秋の収穫量は 近年で最高かもアップアップ 



増水で爆発する河口堰付近に行くことなく ここまで数が伸ばせるとは



正直予測していませんでした得意げ



何が良かったんだろうと考えてみるとはてなマーク



スピニングタックルからベイトタックルへシフトしたことが要因かな~ってビックリマーク



大げさに言うと ベイトはスピニングの半分ぐらいしか飛びません



最初の頃の自分は このことを弱点と考えていて



ベイトでも飛距離が伸ばせる方向へ戦略を練っていましたむっ



でも それじゃ意味が無い汗 



飛ばしたいなら スピニングを使えば良いわけですからねにひひ



そんな中 夏にサーフでヒラメを狙ったあたりで一つの可能性に気付きました



飛ばないことは弱点ではないとえっ



キャストの距離が半分で リトリーブのスピードが同じだとすると



単純に考えれば同じ時間のキャスト回数は2倍に増えるチョキ



届く範囲に魚がいたとした場合 



目の前をルアーが通過する回数が2倍に増えアップ



10投に1回ルアーをローテーションするとしたら 



スピニングで2種類のルアーをローテーションしている間に



ベイトでは4種類のルアーをローテーションすることが出来るアップ



これは 確立の問題ですが 数字だけで考えれば



届く範囲の魚が釣れる確立は ベイトの方が可能性が高いということですクラッカー



ベイトフィネスタックルを使った場合 



通常のシーバスタックルの1/4程度しか飛距離が稼げませんが





昨晩もアップ 






何だかんだで 数釣りですアップアップ






ベイトフィネスタックルでこのぐらいのサイズを掛けると



普段の数倍の大きさに感じて 楽しさ倍増ラブラブ!





近距離戦となると 自分の気配を察知されないように



エントリーが慎重になることも釣果アップへグッド!



同じ場所へ同じ場所から投げるのではなく



右から 左から 投げ分けたり



リトリーブスピードを変化させたり



キャスト回数が増えれば 試せることことも増えてくるアップ



それが釣果アップ・収穫祭へ突入する要因なんですね~アップアップ



このことは 無理にベイトタックルじゃなくても可能です



スピニングでチョイ投げすれば良いだけのことですからねにひひ



ただ ベイトタックル使って 人より沢山の魚を釣っていると



何となく 上手な人に見えませんかはてなマーク



不純と言われても 自分がベイトタックルを使う最大の理由は!! 



カッコイイからチョキ ですにひひ



12月は 今月サボった分を取り返し 100魚種目指すぞ~








タイムHPへ http://www.f-time.jp/







釣り具のタイムマスコット もてなしマンボーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス