パターン=偏食 | 釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムの釣り好きスタッフ達が、西へ東へ南へ北へと魚を追い求めてバタバタしている(笑)様子を、ゆる~くお届けしています。釣れたら楽しい!釣れなくても楽しい!そのニュアンスを少しでもお届けできればと・・


テーマ:

ペットから学ぶスキルアップ2日目にひひ








昨日紹介した自分の飼っているオイカワフナ








今年の春に近くの川で捕まえてきたんですが








野生種だけに釣りに役立ついろんなことを教えてくれますチョキ








今回のテーマは”偏食”








釣り用語では○○パターンって呼ばれます








なんとなくルアーだけの話のようですが








実際は全ての釣りで起こる現象ですニコニコ








例えば 








船メバルでサビキが良い時期と白魚が良い時期があります








波止釣りでも、青虫が良い時とエビが良い時があります








こういった この餌やこの仕掛けが良く釣れるぞ~って時がパターンですグッド!








その原因の多くが”偏食”です








偏食っていうのは 同じ物ば~っかり食べる現象おにぎり








1週間ず~と3食カレーライスって感じですにひひ








健康のために食事はバランス良くなんて言うのは人間だけで








パンダは笹だし コアラはユーカリ 








野生種は偏食こそが生きる秘訣なんでしょうねチョキ








そこで本題 我が家のオイカワとフナ








浮く餌を1ヶ月間








沈む餌を1ヶ月間








浮く餌を1ヶ月間








って感じで与えていくと








餌の変わった3日間は食べるまでに時間がかかります








沈まない餌なのに落ちてくるのをじ~っと待ってたり汗








沈んでしまったのに 水面をパクパクしたりあせる








捕食スタイルが完全に切り替わるまでに一週間ほどかかります








これが偏食=パターンだと思います








その時期その場所で最も効率良く食べれる餌を狙ってる状態








餌は待ってりゃ沈んでくるはずだから・・・・








水面へ早く行かなきゃ全部食べられちゃう・・・








魚がそう思ってるからこそ 餌の変わった初期は状況の変化に対応しきれない








イワシが居るのに太刀魚が釣れない時って








イカを偏食しててイワシに興味が無かったり








夏場のブラックバスが野池でトンボを食べてるときに








ミミズを沈めても興味を示さなかったり








その時意識していなければ餌=食べ物にはならないらしい得意げ








逆に考えれば








その餌がその場所から居なくなった直後こそ爆釣の可能性がアップ








なぜなら偏食していたその餌は 針に付いたものしかいないからグッド!








この偏食を上手く利用して釣果に繋げる方法ははてなマーク








とにかく1週間以内の釣果情報を集めること耳








餌の切り替わる時期では 2週間前の情報は役に立たない可能性大です








ここでもう一つ 偏食=爆釣にならない釣りもあります








海上釣堀に、チヌの筏やカセ釣り








この釣りは、もともと色んな餌で釣りをするため








魚が色んな餌を求める方へ偏食しているといえます








なんとなくでも伝わりましたはてなマーク










釣りにいけないからこんな事ば~っかり考えてますにひひ










タイムHPへ http://www.f-time.jp/









釣り具のタイムマスコット もてなしマンボーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス