どちらが使いやすい その8 | 釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムの釣り好きスタッフ達が、西へ東へ南へ北へと魚を追い求めてバタバタしている(笑)様子を、ゆる~くお届けしています。釣れたら楽しい!釣れなくても楽しい!そのニュアンスを少しでもお届けできればと・・


テーマ:

今回のテーマはPEラインですチョキ



PEラインを買う時に悩むことと言えば



値段の違いがありますよね¥



場合によっては リールより糸の方が高かったりして・・・ショック!



値段の違いは色々な理由があるのですが



一般的なのは ○本ヨリの違いです



×4 ・ ×8 って書いてありますね目



これがPEラインの特徴で ナイロンやフロロと大きく違うところです



ナイロンなどは太さに関係なく 全て1本でできているんですが



PEラインは細~い糸を数本編んで1本のラインになっています



4本ヨリとはその名の通り 4本の細い糸を編んでできてます



店頭で見るのは ×4か×8が多いと思いますが



外国では×3か×6というのが一般的です得意げ



編む本数が少なくても強度は変わらないから外国は3の倍数なのかはてなマーク


それとも 細かい作業は日本の得意芸なので日本製が細かいのかはてなマーク


まあ このあたりは両者自信を持って製作しているので



どっちが勝ちとかは言い難いですかね



明らかに言えることは 本数が多いほど値段が高い!?



値段が高いと言う事は 本数が多い方が強い!?



それが いわゆる都市伝説ガーン



結果から言うと 4本ヨリも8本ヨリも強度は一緒ですあせる



場合によっては8本ヨリの方が弱いとも言えます



え~っあせる 高い方が弱いって何はてなマーク



ってなりますよね



本数が多いと言う事は 1本1本が細いということです



単純に考えれば 1本の太さは 



8本ヨリは4本ヨリの半分しかありません



だから 何かに擦れた場合 1本が切れるまでの時間も半分



ラインへのダメージが同じとき 8本ヨリは1本切れたら7本ヨリダウン



その点 4本ヨリは同じダメージなら1本の半分が切れるだけで



完全に断線しているわけではないので



4本ヨリのままの状態を維持してますグッド! 



何ですと~!? では8本ヨリの必要性って何はてなマーク



これはズバリ操作性の良さクラッカー



4本ヨリは糸自体が凸凹しているのに対し



8本ヨリは限りなく真円に近いです目



これにより モツレにくかったりアップ



投げた時のガイド抵抗が少なく飛距離がアップしますアップ


また 水の中の抵抗も少なくなるので



船釣りの場合 感度がよくなったり 仕掛けの沈みが早くなったりしますアップ



その上 水切音が小さくなるので 魚に警戒心をもたれにくとも言えます得意げ



こういった効果から8本ヨリで釣果アップが期待できる釣りと言えば



船釣りでの鯛ラバ・メバルサビキ・ジギングですチョキ



船釣りは 基本的に根ズレの部分が 仕掛けやリーダーになるので



ダメージをあまり気にする必要がありませんにひひ



なので 操作性重視で選んでOKです合格



でも8本ヨリは高い・・・汗  って思いますよね



そんな方へおススメなのが 



スパーコアファイター PE×8!!



釣り具のタイム「今日のちょっとした話」

4本ヨリと同価格か アイテムによっては4本ヨリより安いかもラブラブ!


安いってことは○国製はてなマーク 



いえ 安心の日本製ですニコニコ



中身は有名メーカーの糸と同じ えっ



いわゆる無印良品的なアイテムにひひ



釣り人にやさしい価格で登場ですチョキ



実際に店頭で確認してみて下さいね





タイムHP http://www.f-time.jp/







































釣り具のタイムマスコット もてなしマンボーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります