どちらが使いやすい?その3 | 釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムスタッフブログ 「今日のちょっとした話」

釣り具のタイムの釣り好きスタッフ達が、西へ東へ南へ北へと魚を追い求めてバタバタしている(笑)様子を、ゆる~くお届けしています。釣れたら楽しい!釣れなくても楽しい!そのニュアンスを少しでもお届けできればと・・


テーマ:

今回のテーマはハンドルノブ



最近はカスタムパーツも豊富で、その形の意味することは何はてなマーク



ハンドルノブは大きく分けて3タイプ



Ⅰ型ノブ


釣り具のタイム「今日のちょっとした話」


小型のリールに多いですね




次が T 型ノブ


釣り具のタイム「今日のちょっとした話」

一番オーソドックスなタイプです




最後が ラウンドノブ


釣り具のタイム「今日のちょっとした話」

カスタムパーツで良く見かけるタイプです



では違いについてご説明

 


今回は結論出しますよ~べーっだ!



感度が一番良いのはⅠ型ノブです合格



なぜかはてなマーク しっかりつまんでないと巻きにくいですよね



このことが、無意識に指先へ神経を向けているので小さな変化に気が付きやすいグッド!



また、指の腹で押えているのも感度アップアップ



Ⅰ型ノブの弱点は、高速で巻こうとすると指がスッポ抜けるダウン



力いっぱい巻こうとすると、これまた指がスッポ抜けるダウン



だから、小型の魚を狙うルアー釣りに最適です





次に T 型ノブですが



ⅠI型と違い つまむのではなく、引っ掛ける感じで指を置くので



高速回転や力技でも、指先がスッポ抜けることがありませんチョキ



角張ったノブに指が当たっているので



Ⅰ型ほどではない物の、感度が良い構造ですアップ



このことから、ルアー・磯釣り・投げ釣りなんでもいけるオールマイティー音譜





最後にラウンドノブですが



これは別名パワーノブと言われることからも、力のいる釣りに最適ですアップ



特に、力がいる上にスピードの必要なジギングなどに持って来い合格



一の指で無く、数本の指が均等に力を入れられることがその最大の理由です



ノブが大きければ大きいほど、その力を発揮するが、大きくなる分重くなるのが弱点ですダウン



また、力がいらない構造は、指先の集中力を下げるため、感度が悪くなりますダウン



感度が悪いと書いた割に、ルアー系のカスタムパーツにラウンドタイプが多いですよねはてなマーク



その理由は、ノブの回転が滑らかで力がいらないというだけで



リール全体の回転制度が高くなったように感じられるためですラブラブ!



あくまで気持ちの持ちようで、リール本体は何も変わってないんですがね得意げ



そこがモチベーションを上げたり、ストレスフリーで集中力の維持に繋がりアップ



釣果アップで 人気アップ って感じですにひひ



ここで豆知識



リールのカスタムパーツを作っている人の多くは



車やバイクのカスタムパーツを手掛ける日本の職人さんですニコニコ



だから、丈夫で精度の高いものができるんですね~チョキ



日本の技術 日本の職人 バンザーイクラッカー




結論



感度重視の釣りをする方は、Ⅰ型ノブがおススメ



1つのリールで色々やりたいと思う人にはT型ノブがおススメ



大物狙いの方はラウンドノブがおススメ



リールに愛着があるけど、性能に不満がある人にはラウンドノブのカスタムがおススメ




ちなみに、自分は見た目重視でコルクノブを愛用


釣り具のタイム「今日のちょっとした話」

カッコ良さは釣果に関係あるのかな~にひひ




タイムHP http://www.f-time.jp/





































































釣り具のタイムマスコット もてなしマンボーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス