2006年06月04日

ムガール

テーマ:バイキング

木屋町御池を上がった場所に「ムガール」というインド料理店がある。この辺りは高瀬川のせせらぎが聞こえてきそうなくらいに静かなエリア。木屋町通りに面するちょっと古めの雑居ビルの2階。薄暗い店内は、民族音楽が静かに流れ……なんだか怪しげな雰囲気。インド人のコックさんが作る本格派の料理なだけあって、全体的にややお高めな値段設定。お勧めなのは土日祝限定のウィークエンドランチバイキング。カレー3種に肉料理(チキン系)、ナン、サフランライス、サラダが食べ放題。さらにラッシー、マンゴージュースが飲み放題、自家製ヨーグルト、シャーベットといったデザート類も揃う。結論から言うとどれもしっかり美味い。チキンカレーなら鶏肉が、野菜カレーなら野菜類が、惜しげなくがっつりと入っていて具だくさん、食べ応えは十分。ナンに関しても短めのスパンで定期的にあつあつの焼きたてがやってくる。男子なら1,600円、女子なら1,250円と決して安くはない値段設定だけど、同じ系統の「万里小路 」に比べると俄然こっちのほうががっつける内容。「万里小路 」が細々とした総菜系を楽しむ女性的なエスニック料理なら、「ムガール」はご飯とおかずを腹一杯食える男性的なエスニック料理。ただ、ナンって割とすぐに腹がパンパンになってしまうから、思っているほど食えなかったりするのが、ちょっぴり不甲斐なく、悲しい。

ムガール
★★★★ 3.5
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年07月19日

万里小路

テーマ:バイキング
万里小路 エスニック料理好きには嬉しい、バイキング方式の稀少な店「万里小路」。「までのこうじ」と京都読みせず、素直に「まりこうじ」と読む。「府庁前」付近にある飲食店の並びにあるものの、ビルの2Fということで、予備知識がないとなかなか分かり辛い場所に立地。しかしながら、「ホットペッパー」に頻繁に登場したりと、京都の人にとっては、一般的に知名度はそこそこあるかもしれない。少しトーンダウンした暗めの店内には、20種のエスニック料理が常備。メインとなるカレーは4種類で、基本的にサラサラ系のカレーが多く、各種スパイスが絶妙に配合された本格派。が、トロトロのジャパニーズカレーに慣れ親しんだ体にとって、それだけで物足りないことは自明の理で、おかずの存在は必要不可欠。その他の総菜に目を向けると、「棒々鶏」、「シーザーサラダ」、「おかゆ」等々、野菜系がメインのヘルシーなラインナップではあるが、必ず肉系の料理が一品は用意されており、これが問答無用「おかず」となる。この肉系は炒め物であったり、手羽先であったりと、その日によって内容は異なり、ある意味当たり外れが大きい。総じて、良くも悪くも、細々と全メニューをかいつまんでいる内に、いつの間にか腹がふくれて「ごちそうさま」という顛末。一つ言えるのは、必ずレギュラーメニューとして登場する春雨、こいつはかなり美味い。ニンニク、唐辛子、ナンプラーで炒められた、シンプルな脇役的存在ながら、なかなか日本ではお目にかかれない風味、旨味で、ぶっちゃけこれだけでご飯を食えそうな勢い。ラストはココナッツミルクで〆るこのバイキング、気になるお値段は¥1,000。これを安いとみるか高いとみるか、もちろんそれは人それぞれ。ただ、少なくともお高い値段を支払って食う一発狙いのエスニック料理よりも、細々と潰しの効く「万里小路」のほうがローリスクであり、手堅い選択肢であると言える。

万里小路 (マリコウジ)
★★★★ 3.5
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月19日

シェーキーズ 新京極店

テーマ:バイキング
シェーキーズ 新京極で腹が減ったら「シェーキーズ」に行け!これが京都の健康たる若者の習わしである。新京極三条の交差点で、ハングリーな食いしん坊をエブリタイム・ウェルカム!今でこそ類似店が出没し始めているものの、イタリアンバイキングというジャンルの草分けとして、揺るぎない地位を確保し続けている「シェーキーズ 新京極店」。次々と焼き上がるピザを食いまくり、さらにパスタ、サラダも食い荒らして、お会計は¥850也。時折無性にカレーテイストのフライドポテトが食いたくなったなら、既にシェーキーズDNAが体内に注入されている証と言えるであろう。蛇足ではあるが、公式サイト によると「1954年 アメリカ・カリフォルニア州サクラメントに誕生」とあり、意外に50年もの歴史があるチェーンであるという事実に驚かされる。ちなみにあの「マクドナルド」の1号店がシカゴに誕生したのは1955年 。実は1年先輩の「シェーキーズ」なのであった。

シェーキーズ 新京極店
★★★★ 3.5
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年03月02日

MKバイキング

テーマ:バイキング
京都人にとってMKと言えば、タクシーだけではなく、ボウリングやバッティングセンターといったアミューズメントなイメージがあるが、さらに、バイキングレストランまで営業しているという事実を知っている人は、果たしてどれだけいるのであろうか。上賀茂のMKに至っては、バイキングへのエントランスが建物の端っこにひっそりと存在し、まるで表沙汰にしたくないような意図さえ感じてしまう。しかし、これぞ隠れたオアシス。その値段たるや、たったの¥500!ドリンクバーを付けても¥600である。安さの秘密は、社員食堂を一般開放しているというスタンスにある。休息中のタクシー戦士たちと共に飯を食う光景……ある意味シュールであるが、それもまた一興。バイキングの実態は、揚げ物、炒め物に、サラダ、麺類、カレーと、想像以上にレパートリーが多く、特に「ご飯食い系」のおかずが多いため、ご飯党にとっては、満足することこの上なし。金がないときに役立つのはもちろんのこと、もっとポジティブに日常使いとして利用したい、庶民派・優良バイキングなのである。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。