2006年07月22日

風花

テーマ:ラーメン

烏丸高辻東入ル、緑色のテントに輝く「新宿めん屋 風花」の文字。なぜ故に「新宿」なのか、というツッコミはひとまず置いておくとして……。烏丸通りの喧噪とはうって変わって、仏光寺にほど近く、ひっそりと静かなお土地柄。にも関わらず、割とお客さんは多かったりする、そこそこ名の知れたラーメン店。「風花」のラーメンは一言で表現すると「海」。石垣島の天然塩を使用した塩ラーメン。一口すすると様々な海産物のエキス・風味が舌の上を行き交う。彦麻呂風に表現すると「海の幸のオーケストラやぁ~!」なラーメン(超適当)。「これって海水みたいで気持ち悪ぅー!」実はこれがファーストインプレション。以来しばらく敬遠していたけれど、最近は何故だかツルツルいけてしまう。「美味いっ!」と絶叫するほどのインパクトはないけれど、しみじみと嗜める風味。年と共に美味いもんアンテナも変わるのか。これを彦麻呂風に表現すると「舌と味覚の第二次性徴やぁ~!」となるんかいな。

新宿めんや風花 (しんじゅくめんやふうか)
★★★★ 4.0
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年07月18日

ビィヤント

テーマ:カレー・エスニック料理

東大路丸太町上ル、京大病院。大学病院ってすごい広大な敷地で、道路を挟んだ対面に、なんだか殺風景な街並みが広がっているイメージがある(京都府立医大のせい?)。でも京大病院の前って小粒ながら割といい店が存在していて、見逃せないスポット。一見するとなんの店だか分からない「ビィヤント」。カウンター席のみの小さな店舗を、親子二人で切り盛りをされているカレー屋さん。ニット帽を被り、エスニックな装いの、店主のおばあちゃん。終始無表情で、寡黙で、余計なことは喋らない。ニヒルで、パンキッシュで、なんとも粋な存在感。シーフードカレー、野菜カレーとバリエーションがあるけれど、この店の看板はビーフカレーの辛口。さらに、目の前でじゅうじゅうと揚げてくれるでかいカツを加えれば食べ応えは十分。辛口を選択できるのはビーフカレーのみなので、注文時は「カツカレーの辛口」とスマートに宣言すべし。ここで「ビーフカレーの辛口、カツ入り」等とまどろっこしく注文するとモグリ確定、以降おばあちゃんの対応が目に見えて悪くなる(大嘘)。サフランライスであることは、視覚的に差別化が計られているわけで、普通のカレーとちゃうで!と宣言しているようなもの。果たして辛口でありながら、たまにある辛さだけを盲目的に追求したキチガイなカレーとは次元が違って、しっかりと風味があって美味い。食後コップ一杯の水を飲めば、口の中に残っている辛さは雲散霧消、後を引かない、切れ味のある辛さ。リセットされた舌をいいことに、同じ並びにある有名なラーメン店「らんたん」を一回だけハシゴしてしまった過去が……。一日一食の不健康な食生活を送る、そんなあなたに……(賛同者ゼロ)。

ビィヤント
★★★★ 4.0
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年07月17日

錦市場

テーマ:京都フォト
錦市場
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年07月01日

ルイジアナママ

テーマ:お蔵出しフォト

記事はこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。