よくあるご質問「本業編」 | 杉長水産 自称・看板娘のブログ

杉長水産 自称・看板娘のブログ

静岡県沼津市、杉長水産の勝手に広報です。


テーマ:

SNSでは「杉長水産勝手に広報」という肩書で活動をしています。

ただ、この肩書はあくまで「勝手に」なので、

一円も報酬はありません。

 

一円も報酬がないからこそ、

自由に振る舞っているわけです。

そうでなければ「ドン引きアジ」

「合コンホッケ女」などという言い回しは使えなかったことでしょう。

 

では、まゆみんは何で生計を立てているか

と言いますと‥。

楽器店に所属しており、

そこでピアノの講師をやっています。

まあ、正確に言うと生計を立てられるほどは

稼いでいませんが…。

 

K様ありがとうございます。

 

さてさて。

本職がピアノの講師、ということで

時々いただくご質問があります。

 

「子どもにピアノを習わせたいのですが、

何を基準に教室を選んだらいいでしょうか。」

 

今まで何回ともなく答えてきたということは、

それだけ皆さん気になる、

ということですよね。


大切なお子さまに習い事。


限られた時間を使い、月謝を払うとなったら、

やはり最適を選びたいというのが、親心。

 

今回、自分のことは棚に上げ、

ピアノの先生の選び方、みたいなものを

自分目線で語ってみたいと思います。

 

どこのお教室に通うか。

選択の余地があるなら、

それぞれ体験レッスンを

申し込むといいと思います。

 

体験したのに入らないのは、悪くないかしら‥。

体験荒らしみたいに思われたら嫌だなあ‥。

と感じるかもしれませんが、

各先生そういう経験を何度もしているので、

気にする必要はありませんよ。

 

たった一回の体験で何が分かるか?


曜日、時間、月謝、発表会の有無などなど

色々提示されると思います。

 

しかし、それだけでなく先生の人間性も

多少透けて見えるのでは、と思います。


乱暴なことを言うと、

「お子さんが『この先生好き』と言って、

お母さま(あるいはお父さま)も先生を

好きだと感じれば、それだけで決めて良い。」

これです。

 

ピアノは長く続ける習い事です。

学校の先生は一年で変わりますが、

ピアノは大抵ずっと同じ先生のところに

通うものです。


なので、一回目で「何か無理‥」

という思いがあるようでしたら

それが後々何かの引き金にもなりかねません。

 

結婚する時

「彼のここが嫌だけど、それに目をつぶれば

いい人だから‥。」

と結婚した人の「ここ」が

熟年離婚の理由になるのと同じです。

 

さて。人間的に気に入る先生がいる

お教室が見つかりました。

幸運なことに、複数見つかりました。

どちらにしよう?

 

あとは、ご家庭の方針にどれだけ近いか、

どれだけ長く通うことに負担がないか。

という点だと思います。

 

ピアノの先生と一口に言っても色々です。

「ピアノの先生」という国家資格はないので、

今日からあなたがそれを名乗っても、

何も不都合はありません。

 

ということで、先生によって得意分野が

激しく違います。

 

「子どもが得意な先生」

 

「ある程度育った生徒さんに

上級テクニックを教える先生」

 

「老若男女にピアノを

好きになってもらいたい、という先生」

 

「メインは演奏活動、

空いた時間にレッスンをしている先生」

 

「ピアノもエレクトーンも歌も出来る。

ジャンルを幅広く経験させてくれる先生」

 

「趣味でピアノをやっていたが、

周りにうまいと言われたから

教室を開いてみたよ、という先生」

 

パッと思い浮かべただけで、

これだけ出てきました。

 

なので、

「子どもが喜んで通ってくれたら嬉しい」


「うちの子は音大に行ってもらいたいの!」


「楽譜が読めると、素敵よね。」


「今は送り迎えするけど、

ゆくゆくは自力で行ってもらいたいな。」


「他にも習い事が多いから、

融通がきく先生がいいな。」


など、お子さんやご家庭の希望に合った

先生の所に通えるといいですね。


ではまゆみんの素性は?

私は地元の先生に習い、

高校から音楽科に進学、大学も音楽科。


地元の先生は現在も現役で、

昔も今も人としてすごく学ぶことが多いです。

途中から、先生の息子の

A先生に変わりました。

音楽理論や楽曲分析が好きなのは、

おそらくA先生の影響です。


大学卒業後は出産までヤ○ハ音楽教室で

グループレッスンの指導も経験しました。

現在は個人で年長~大人まで教えています。


この記事を書いたから、

私のとこに習いにおいでよ!

…というわけではありません。


聞かれることが多いので、

興味ある人が多いのかなー?

 と思って書きました。

(枠は空いているので、ご入会も出来ますよ)


初回は様子見。マイルドに行きましたが

大ヒットの予感、ピアノシリーズ。

次回は「選んではいけない」

過激過ぎてピーだらけだったら「楽器選び」

どうぞ、お楽しみにー。


くれぐれも、今回は

「自分を棚に上げてのお話」

だという点を忘れないでくださいね。 

 

まゆみんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ