アラフィフの危機 |  茂原市・フィジカルをレボする、フィジレボ Physirev.

 茂原市・フィジカルをレボする、フィジレボ Physirev.

千葉県茂原市。いくつになってもカラダは、変わる。整体や鍼灸、エクササイズを通じ、お体の痛みや不調をラクに、それだけでなく、すこやかな美しさをめざす人のために。


テーマ:
とくに、私がカラダに危機を覚えたのは、3年くらい前でした。

五十肩をはじめ、ヒザ痛、腰痛、体中の痛み、

休養をとっても、取れない疲労。

初めて味わう、全身のガタガタ感。

「これが、おばあさんということだ!」

「わたし、このままおばあさんになってしまうんだ!どうしよう!」

そんな気持ちでした。



その、おかげで、有名なゴッドハンドと言われる先生方に、

治療を受ける機会をいただき、

おまけに、整体のデモンストレーションのDVDにまで、

「重症患者」として、出演を果たすことができました!




「ふけゆく年」、更年期。


アラフィフという年代は、

少女から大人になっていく端境期と同じくらい重要な、

転換期であると、私は痛感したのです。


そして、このあたりから、骨が変形したりと、

「不可逆的」な、

肉体的な変化も、始まっていく。



自分の身体を意識し、動かしたり、ケアするのは、

いつから始めても、遅いということはないけれど、

治療をさせていただいていると、

もうちょっと早く気づいてなんとかしていれば・・・・

と思わされる高齢の方は多いのです。



私も、この体験から、

自分自身の身体を研究したり、整体を受けたり、

いろいろ学ぶことができました。

五十肩に関しては特に。



あれこれを経て、先日レースで8キロ走って、

ようやく、自分の身体、いい状態に戻れたんじゃないかな?

と、思えるようになりました。



アラフィフのあなた、今、あなたのお身体はどうなっているでしょうか?

自分だけではわからないことがあります。

運動したり、身体を鍛えるのはいいことですが、

このトシになったら、自分の身体を理解しながらやらないと、

ただ痛めることにもなりかねません。



更けゆく年を、順調に、経過させるために。


年齢をさらに重ねてから、

あっちがイタイ、こっちがツライとならないために。


ほっとかないほうがいいです。


整体ではどうにもならない「不可逆的」な状態になる前に。


治療室を利用していただければなーと

思っています。

ご自分を大切に。






tikaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス