茂原市・フィジカルをレボする、フィジレボ Physirev.

千葉県茂原市。いくつになってもカラダは、変わる。整体や鍼灸、エクササイズを通じ、お体の痛みや不調をラクに、それだけでなく、すこやかな美しさをめざす人のために。

【ワークショップのお知らせ】

●フィジカルの味わいワークショップ 「わたしが環境になる」 


日時 2017年10月21日(土)
午後5時半~7時半
場所 茂原市中央公民館第3研修室(和室)
料金 5000円
定員 8名

前回の「わたしを感じる、あなたを感じる」ワークショップで、
参加の方から出てきたキーワードに、
新鮮さを感じました。

「わたしはいい環境になりたい」。

その方は、介護のお仕事をされており、
自分が、利用者にとっての、いい環境になりたいという意味で、
おっしゃったのでした。

いい環境に住みたいとか、
いい環境で働きたいとか、
いい環境をつくりたい、
ということは、よく聞くし、自分も言う。

でも、
「わたしはいい環境になりたい」

という表現に、軽い驚きを覚えました。
こんな環境に、あんな環境のなかに、居たい、行きたい、しかし、
思えば、自分も、いま、他の誰かの環境として、存在しているのですね。

「わたしが、(ほかのだれかの)環境になる」
それをフィジカルで味わってみると、どんな感じになるのかな・・・・・・?


お申し込みはメールまたはお電話(営業時間内)にてお願いします。

※メールの場合、お返事をだします。返事がない場合は、お電話でご確認をお願いします。

0475-44-6898フィジレボ
(火~金9時30分~15時30分)





テーマ:

腰痛があり、姿勢が気になるとおっしゃるMさん。

 

まっすぐ立ってください、と立っていただいた、施術前と施術後です。

 

まっすぐ、のつもりで立っていただいているのですが、ビフォーを見ると、だいぶゆがみを感じませんか?

 

かかとの位置に前後差があります。

 

実は、仙骨を基準に考えると、胸椎上部が左にねじれている。

でも、そのままの状態を真正面と体が認識している。

 

同様の姿勢になって動いてみるとわかりますが、ねじれた状態のまま、日常動作、腰を曲げたり伸ばしたり、ねじったり、していたら、動きに制約がかかるし、痛みにもつながることは、明白です。

 

 

 

痛みのある筋肉をほぐしたりすることも、痛みの緩和には役立つのですが・・・・・・

 

でも、そのときよくなっても、また痛くなる・・・・・

腰が慢性的に痛む、痛んではしょっちゅう整体や整骨院に駆け込む、そういう方がたくさんいらっしゃいますね。

 

 

痛みを再発しにくくするには、やはり全身の調整が必要ではないかとフィジレボでは考えています。その原因である、体全体(頭から足の先まで)のゆがみを調整し、バランスよく、ラクでキレイな姿勢にととのえること。

 

左のビフォー写真は、胸や胃が苦しそうです。お話をうかがうと、胃潰瘍をやったことがあるとのこと。

 

ラクな姿勢は、内臓にも負担の起こりにくい姿勢。呼吸がラクにでき、内臓への圧迫も少なくなります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

後ろからみると、首の下あたりが、モッコリとふくらんでいる人、いらっしゃいますね。

 

そして、その周囲はカチコチに凝り固まっています。

 

首が前に突き出た姿勢です。

頭って、重たい。ボーリングの玉ほどの重さ。その頭を支えるため、モッコリとしたあたりに、とても負担がかかっています。

 

私も人のことは言えず、あれ?肩が凝ってきたな、と思うとそういう姿勢になっているので注意しています。

 

「首の後ろのモッコリ」の方は、前から見ると、あご下(のど)が長く見えたりします。

 

のどが長いと、首が長いようにも思われますが、ちがうんです。

 

猫背のときには、首が前に傾くだけでなく、その下の胸椎も前かがみ、つまり胸が下がった状態。

 

そのまま、無理やりいい姿勢をとろうとすると、アゴが上がってしまい、あご下が長く見えるのです。

 

その状態でアゴを引こうとすると、二重あごになってしまいます。

 

姿勢がよいと、胸が上がり、自然にアゴが引けて、アゴと鎖骨の距離が、近づきます。

 

Kさん、初回の施術、左がビフォー、右がアフター。

(Kさんの場合は、首の後ろよりも、背中の方に丸みがありました。)

 

肩の位置とアゴにご注目。もともとスリムな方ですが、左より右の方が、アゴが引け、アゴのラインもスッキリしています。

 

肋骨が上がったので、胸板が厚くなったように見えます。

 

また、重力に耐えやすいように、重心が変化しています。無理なく、お尻が上がり、締まり)、自然に膝が伸びてます。

 

これが、そのまま、背中がコリにくくなる姿勢です。

背中の痛みがつらかったそうですが、だいぶ楽になり、呼吸もしやすくなったそうです。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

左ビフォー、右アフター(無理やり胸を張っているわけではありません)

 

左肩が痛むとのこと。
 

手の修正を念入りに。
バンザイがしやすくなり、痛みも緩和。

 

ヒジの先の位置にご注目、横から後ろに変化しましたね。
それに伴い、胸が自然に開き、上がります。

 

ビフォーでは、前に重心がかかっていました。
だから、膝はやや曲げ気味で姿勢を保たなければなりません。
 

膝や、スネに、負担がかかりやすい姿勢です。

 

アフターでは、曲がった膝が伸びました。
 

そして、「お尻の穴が締まった感」があるとのこと。
 

頭~足裏まで、中心が通りました。

 

お腹や脇が、すっと伸ばせるようになったので、
おなかのたるみも取れています。

 

 

さて、お尻が緩むということに関して。

 

産後、そして、ある程度年齢が上がってくると、ちょっと、「ゆるんだ感」あったりしませんか?

 

くしゃみなど、お腹に力が入ったときに、オット、となったり。

 

尿モレ体操などもありますけれど、いくらお尻を締める体操をしても、ちゃんと締めているかどうか、イマイチわからなかったり。

 

それは、骨格そのものが、変わってきているからです。

坐骨が開き気味になってしまっている。

 

坐骨は、骨盤を構成する寛骨についていますが、骨盤の調整だけで、坐骨を締めるというのでは、十分ではありません。

 

ベッドの上で骨盤矯正をしても、立ち上がって、また、体重をかけたら、坐骨はふたたび開き気味になってしまうことでしょう。

 

それは、土台である足部、全体の姿勢そのものが改善されていないからです。

 

猫背だったり、足裏がつぶれていたりしていたら、脚部の形も変わる(O脚やX脚になったり)、そして、脚部が変われば、大腿骨がはまっている骨盤は、簡単に変化してしまうのです。

 

ですから、フィジレボでは、手先、足先~頭まで、たっぷりと時間をかけて、全体を調整します。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

妊娠してから、足やヒザが痛くなることがあります。

 

体重が増加するのに加え、姿勢も変わり、足への負荷の位置が変化するためでしょう。

 

特に、もともとO脚やX脚の方、それでなくても、かかと~骨盤のアライメントにわずかなねじれが生じていた場合、妊娠中の関節はやわらかく変位しやすいので、痛みにつながってしまうことがあります。

 

特に、歩行時に、足先が内側を向くような方は、痛めやすいかもしれません。

 

 

妊娠7ヶ月 30代のIさん。

 

妊娠前から、腰痛持ち。2週間ほど前から、右足が曲がったまま、伸ばせない。膝裏、すねの内側が痛む。

 

足をつけないので、びっこを引く感じでおいでになりました。寝返りをするときには腰も痛いそうです。

 

お腹の形は、みぞおちから、ドンと突き出しており、その圧迫のためか、問診中も少し息切れされていらっしゃいます。

 

初めての方なので、仰向けで、ソフトめの施術で、骨盤~脚~足のアライメントを整え、半月板の調整も行いました。

 

施術が進むにつれ、曲がったままの膝は、まっすぐ伸ばせるようになりました。

 

寝返りで、腰が痛むのは、実は、腰そのものよりも、胸椎がカチコチになっているのが原因だと考えます。そして、胸椎がちゃんと動くようになると、寝返りがラクになると同時に、お腹の形も変わります。

 

突き出していたお腹が、なだらかになり、季肋部の骨が触れるようになりました。呼吸もラクになると思います。多分、お腹の赤ちゃんの居心地もいいのではないでしょうか。

 

週一×3回の施術で、少し腰の痛みは残るものの、歩行に問題はなくなり、一旦施術は終了しました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日は、フィジカルの味わいワークショップ、「私を感じる、あなたを感じる」でした。

 

私は、私を、ほんとうに感じているだろうか?

 

私は、あなたを、ほんとうに感じているだろうか?

 

感じたつもりでいて、なにも感じていないのではないだろうか?

 

そんな自問自答をもとに、感じていただきました。

 

次回は10月後半に行えればと思っています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネットに絡ませたゴーヤの実が、ちょうど、私が思い切りジャンプして、届くか届かないかのところに実っていました。

 

台にでも登ればいいのだけれど、めんどくさい、

しっかりタメをつくって、おもいーっきり、ジャンプ!

 

届きません・・・・・

 

しかし、飛び方を変えましたら、ゴーヤを取ることができました。

 

さて、ママさんバレーにガッツリ取り組まれているNさん。お体のメンテナンスでまめに来院されています。

 

筋肉がふわふわに、そして、体のラインも綺麗になってきて、全身のバネを使いやすくなってきていると思います。

 

今日は、「覚醒した!」とのことで、体の動きが良くなって、練習と試合で張り切ったため、ヒザの痛みが出てきてしまったとのことでした。

 

バレーボールでは、ヒザを痛める選手は、きっと多いことと思います。

 

一番負担になるのは、ジャンプでしょう。

ジャンプでヒザに過度な重力がかかり続ければ、痛めてしまうことになります。

 

施術の後、Nさんと、そのジャンプについてお話しました。

 

私はバレーボールに関しては、まったくの素人なのですが、まずNさんにジャンプしていただきました。その後、こんな感じのジャンプは?と言いながら、自分もジャンプしてみたら、天井に手のひらがベタっとつきました。(低めの天井なのですが、自分としてはビックリし、Nさんもあっけに取られていました)

 

よくわかりませんが、バレーでは、飛ぶときに、両腕を後ろに引く、準備動作のようなものがあるんですね。そして、そのときに、だいぶ、ヒザには負担がかかるのじゃないかと思います。

 

それは、基本的な動きらしいのですが・・・

 

もしかして、それ、いらなくないですか?

 

そして、少し、Nさんと、飛んだり跳ねたりしました。

 

体の感覚、動き、ちょっと変わりましたよね。意識が変われば、膝への負荷も変わることと思います。

 

Nさん、次の試合には、また、「覚醒」が起きると思いますよ!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝起きると、ひさびさの寝違え。

 

右の首の付け根、肩甲骨の上あたりが痛いのです。

 

今、寝違えの方いらっしゃいませんか?

 

来院される方々でも、大体多いのが、このあたりの痛みですよ。

 

右に振り向く動きがやりにくい、

そして、左に振り向くと、右の首の付け根に痛みが走る、

このような方、多いです。

 

多分、左より、右の首の付け根に痛みが走る方の方が、多いのでは?と私はおもいます。

 

 

それにしても、寝違えって、どうして起きるのでしょう?

 

枕がよくないいから?布団やマットレスのせい?

首の痛みが慢性化していて、枕やマットレスジプシーされる方は多いようですね。

 

でも、犬や猫を見てみれば、妙な格好で寝ている、だけど、犬や猫の寝違えって聞いたことがない。変な格好で寝ていても、また、もとの動きやすい骨格のカタチに戻れば、痛くはならないんですね。

 

寝違えになったということは、体のどこかが、歪んだまま元に戻らず固定されてしまっているのかもしれません。

 

では、今、振り向く時に首が痛い方がいらっしゃいましたら、どうしたらいいかといいますと・・・・・

 

まず、頭が前に突き出していて、猫背だと、首はまわりません。

 

まず胸を起こす、オッパイが持ち上がる感じ、そして、頭が前に出ていたら、戻す。戻すといってもアゴを上げて、のけ反るのではなく、首を身体の真上に戻す感じ、

 

胸を起こす、首をまっすぐに戻す、そうすると、いくぶん、振り向く動きが良くなってませんか?

 

さらに、腕を動かしながら、その延長線上にある肩甲骨を動かす。特に肩甲骨が、背骨の真ん中に寄るような動き、肩甲骨を下に下げるような動きを。

 

ヒジ鉄をするように肘を引く姿勢で、肩甲骨を動かすことを意識してみてください。

 

反対の手は、前から回して痛みのある部位に、かるく触れておく。

 

そうして、肘を引く動きに連動させて、首を振り向かせると、さらに、首をまわす動きが良くなってませんか?

 

・・・・・・・私の寝違えは、これだけでも、だいぶラクになりました。

 

でも、まだ、肩甲骨全体が、ズーンと重いような、感じが残っているかな?

 

このように、まだちょっとなあ・・・というところは、お伝えが難しいとおもいますので、気になるようでしたら、フィジレボヘ。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

施術中は、深呼吸をしていただくことが多いのですが、

 

深呼吸・・・・・・これが!

できない方は、ザラにいらっしゃいます。

 

深呼吸を・・・・・・・・もしかして、したことがない!?

そんな方もザラです。

 

ヨガ等をやったことのある方でも、意外と、吸えてなくて、吐けてないみたいです。

 

リラックスすることを考えて呼吸をされる場合、多くは、吐く息を意識すると思います。ちゃんと、吐ききれなければ、息が入ってこないって、よく聞きます。

 

でも、逆に、ニンゲンが生きる、ということを考えると、たっぷり吸うことが大事。たっぷり吸わないと、吐けない。

 

リラックスしようとして呼吸をしている(つもり)の方は、フーフーと口先で息を吐き出すのですが、実際は、肺の中の空気まで排出していない感じです。

 

生命維持のために、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する、ガス交換をするためには、肺呼吸がちゃんとできなければなりません。

 

息を吸うには、陰圧の胸腔を広げるために、肋間筋をつかい、胸郭を持ち上げ、広げる動きが必要です。いわゆる胸式呼吸です。

 

よく、横隔膜を下げる腹式呼吸が重要視されますが・・・・・・

 

やってみてください。

 

胸郭を動かさずに、横隔膜だけで、どれほどの呼吸ができるか。

 

たいした空気の出し入れはできません。

 

肋骨を持ち上げ、肋間を広げる、この筋肉の動きができないと、たっぷりの空気が入ってこないのです。

 

実は、呼吸がちゃんとできない方=背中がカチンコチンに凝っている方

 

です。

 

肋骨が動かない、肋間筋が使えない、胸郭が動かない→息が吸えない。

 

フィジレボでは、施術によって、柔軟な肋骨の動きを、少しずつつけていきます。

 

逆に考えると、背中が凝って困る方は、肋骨がちゃんと持ち上がっている、広がっていることを意識しながら十分な深呼吸をしていくと、背中も楽になってくることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィジカルの味わいワークショップ

「わたしを感じる、あなたを感じる」

五感、そして六感、私たちは常にフィジカルで色々感じていますが、
意外にも、それをちゃんと認識していない、味わっていないことが多いものです。

認識していないと、何かを感じているのに、わからない。
それはとても残念なこと。

自分の体感、他人と対応したときの体感、触れあったときの体感、
それはどんなものでしょう?

フィジカルを味わってみませんか?
また、どのようなことを感じたか、話してみませんか?

そこからまた、新しい、わたしの、あなたのテーマが生まれてくることでしょう。

ワークショップ後、ご希望の方はランチもご一緒に。


日時 2017年9月23日(土)祝日 秋分の日
午前10時30分~午後12時30分
場所 茂原市中央公民館第3研修室(和室)
料金 5000円
定員 8名
激しい運動はしませんが、かるく身体を動かしたりします。寝転がったりしますので、動きやすい服装でどうぞ。

お申し込みはメールまたはお電話(営業時間内)にてお願いします。

※メールの場合、お返事をだします。返事がない場合は、うまくメールを受信していない場合がありますので、お手数ですがお電話でご確認ください。

0475-44-6898フィジレボ
(火~金9時30分~15時30分)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サッカー少年のN君、13歳。

 

ロングキックをしたときに、太ももの前側の付け根に痛みを覚え、

以後、ボールを蹴ったり、走ったりすると痛むそうです。

 

立位で、ヒザを曲げ、股関節を、外旋外転させると、痛みが出ます。

 

施術をする前に・・・・

 

まず、いろいろと、体を動かしていただきます。

 

こういう痛みは、「股関節の問題」ととらえてしまうかもしれませんが、

動いていただいて拝見すると・・・・・

 

脚部の問題ではありません。

 

上半身が、よく動いていないだけなのです。

 

ちょこちょこって、体を動かしてもらうと、動きに柔軟性が出てきました。

 

キックの動作を再びしていただくと、全身を使えるようになり、動きがとてもナチュラルに。

 

この段階で、痛みはおおかた、取れてしまいました。

 

前屈しても、床に手がついたことがなかったそうですが、軽い動きをしてもらったところ、掌がつくようになりご本人も驚いています。

いろいろとアドバイス、

 

その上で、施術に入ります。

 

股関節そのものの動きはもとより、肋骨、肩甲骨が動きやすいように、全身を調整しました。

 

施術後、もう一度、蹴る動作をしていただくと、とても伸びやか。

 

この感覚を、体が覚えれば、再び痛めるようなことには、ならないことでしょう。

 

施術回数1回

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。