末廣神社 (日本橋七福神) | 千囃連のブログ

千囃連のブログ

神輿・祭りを主に日々の出来事を書き込んでいきます
 ☆☆神輿会員募集中☆☆一緒に担ぎましょう!!


テーマ:

日本橋七福神である

末廣神社へ参拝に行って来ました

末廣の名は、延宝3年(1675)に社殿を修復した際、本殿から末廣の扇が出たことに因むものだそうです。

末廣神社は、穀物・農耕の神・倉稲魂命(うがのみたまのみこと)と毘沙門天(びしゃもんてん)が祀(まつ)られています


 この末廣神社は、元吉原の氏神様です

末廣神社は、日本橋人形町の守護神・産土神(うぶすながみ)として信仰。
江戸城をはじめ江戸の街の大半を焼失した明暦の大火(めいれきのたいか)後、
吉原は、日本橋人形町から浅草へ移転し、
末廣神社は難波町・高砂町・住吉町・新泉町の四ヶ町の産土神となったそうです

この移転後の新吉原に対して、人形町の方は元葭原と呼ばれるようになりました。
 この末廣神社は、吉原に遊女町があるころは、その氏神様として信仰を集めました。
 遊女町が移転した後は、幕府に仕える役人が多く住むようになり、その氏神として信仰されたといいます



鳥 居



拝 殿






江戸町火消(えどまちびけし)「は組」の碑



手水舎



神社御朱印




御朱印  毘沙門天 



千囃連さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス