復活してもいいかな? | 悪性胸膜中皮腫と言われてどこまで生きれるかやってみよう!

悪性胸膜中皮腫と言われてどこまで生きれるかやってみよう!

平成28年7月突然の「悪性胸膜中皮腫」平均寿命僅か2年の宣告!しかし思うところが多すぎて、ブログ上で中皮腫患者で作る「中皮腫・同志の会」を発足。そして全国の患者さんに寄り添う「中皮腫サポートキャラバン隊」でも鋭意活動中!!

皆さま、今宵も真夜中の呟きにお越しくださいまして、誠にありがとうございますてへぺろ



さっきまでジムで汗を流してまして、帰ってきてドボーンっとお風呂に飛び込んだところなんですニヤリ



ジムって言っても、30分くらいは黙々とウォーキングじゃないですかびっくり



でもこんな時って何かしら考えながら運動しているわけでしてね。


キャラバン隊で皆んなでできる何かやるべきことないか?とか今週末の『栗田英司氏を偲ぶ会』の演出をどうするか??なんて音楽をランダムに聴きながら考えてたらね、あるアーティストの曲が流れて来たんですよキラキラ

その曲聴いていたら、相棒のことを思い出してね、涙が出てきたんですえーん

今年のクリスマスイブはくりちゃんが初めて腹膜中皮腫の手術をしてからちょうど20年経つんで、皆んなで20周年のお祝いをしようと言ってた矢先にその夢叶わず逝っちゃったんで、その約束を果たすために今週末に『栗田英司氏を偲ぶ会』をするに至ったんです。

僅か2年の付き合いでしたが、一番の相棒だった栗田英司という男が亡くした気持ちは本当につらいものです。

でも、私は僅か2年、じゃあご家族はその何倍も悲しみにくれているんですよね。

そして、今年何人もの仲間や同志を亡くしましたガーン


ちーちゃん、たかつ◯さん、きたむ◯さん、あおちゃん、あさは◯さん、りっ◯んさん、なかが◯さん、あいか◯さん、みつお◯くん、さくらさんのご主人、shibasakuraさんのご主人、たか◯さん……

数えきれないくらいの方々がこの世から別れを告げました。
私もその方々を一人一人思い返す度に涙が込み上げてきますが、そのご家族の悲しみはもっともっと計り知れないものでしょう


今年も一緒にクリスマスを過ごそうね!

来年の正月も元気に迎えようね!


これが多分ご家族の合言葉になっていたはずです。


そんなクリスマスまで、もうひと月を切りました!!



そこで勝手ながら、今晩からクリスマスまでの間!!

DJミギえもんを復活させますルンルン

今回のコンセプトは!

『クリスマスまで一緒に過ごせなかったご家族のために、そして今闘病している患者さんやご家族のために、私にできるホットな曲をお届け』

このコンセプト、気に入らない方は聞かないで下さい。



ということで、この冬1発目の曲はルンルン


先ほどジムで聴きながら涙を流した曲です笑い泣き

幸いにも汗拭くタオルで目を拭いてもなんの違和感もなかったですがねウシシ




なんか泣けてきちゃってねタラー


今夜は一曲ですが、明日からリクエストも受け付けますので、クリスマスまで明るく元気にねウインク