ベルモントSのrpm値 | TigerOddsの最終レース日記

TigerOddsの最終レース日記

競馬ソフト「GoGyo」の機能で競馬を考える。


テーマ:

2016 Belmont Stakes (G1)
Creator           135-135 Tapit
Destin            141-139 Giant's Causeway
Lani              131-133 Tapit

2015 Belmont Stakes (G1)
American Pharoah  133-132 Pioneerof the Nile 
Frosted           141-136 Tapit
Keen Ice          145-136 Curlin

2014 Belmont Stakes (G1)
Tonalist          130-127 Tapit    
Commissioner      139-131 A. P. Indy    
Medal Count       137-137 Dynaformer


2013 Belmont Stakes (G1)
Palace Malice     153-128 Curlin    
Oxbow             155-138 Awesome Again    
Orb               137-124 Malibu Moon    

エピカリス
北海道2歳優駿   155-137
ヒアシンスS     142-142
UAEダービー     149-136

まで調べてエピカリス取り消しの情報が
入ったのでベルモントSのrpm予想も取り消しですね。(^^;)

ベルモントSの勝ち馬は最後の直線は
ストライド走法(rpm140以下)になってます。
いやこれは長距離ダートでヘトヘトになって
rpm値は落ちている気もします。

出走馬のrpm値を計測する時間も無いので
Tapitという種牡馬の産駒が好走しているので
2番タップリット本命でいきます。

Tフレッチャー調教師の馬で2頭出ししている馬の1頭。

 

tigeroddsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス