TigerOddsの最終レース日記

競馬ソフト「GoGyo」の機能で競馬を考える。


テーマ:

「ただいまのレース審議しましたが、....」の後には99.9%次の言葉が来ます。

到達順位の通り確定します。

今年のオークスもそうでしたが、なんかすっきりしませんね。

トールポピー以外の馬券を買ったファンは怒りますよね。

実際競馬場でオークスを見ていた人の話では、場内ではブーイングが出ていたそうです。

落馬でもしない限り、到達順位の通り確定します。


実はG1レースやメインレースのほとんどが審議対象レースになります。

それはレースが終わり、競馬場から帰る人が一斉に出口に行かないように

混雑緩和の為に、必ず「審議」にします。

審議の対象にもならない完全な外れ馬券を持った人でかつ

12Rの馬券も買えない人はすぐ帰ってもらい、

審議対象馬の馬券を持った人を競馬場にとどまらせて、混雑を解消

させるために審議は長引きます。

そして到達順位を変えることはほとんどなく、

到達順位の通り確定します。


そして、審議対象馬の馬券を持った人で外れ馬券を持った人は、

やっぱり外れ馬券のままでがっかりして帰路に着きます。


どんなにブーイングしようとも、到達順位の通り確定します。

騎手が謝っても、到達順位の通り確定します。

ブログで文句を言っても到達順位の通り確定します。

「到達順位の通り確定します。」

という審議を審議したい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

オークスはトールポピーを含めた6頭BOXで当てようとしたが
エフティマイヤをはずして、ダメだった。

終わってみれば、桜花賞1番人気馬のオークス優勝
桜花賞1,2着馬がオークス3,2着で順当といえば順当な
結果だったのに外してしまい、非常に悔しい。
桜花賞2着馬エフティマイヤがなぜ人気が無かったのか?
それが反省ポイントのひとつ。


次に、気づかなかったポイントがこれ。

トールポピーの新馬デビュー戦は1800m芝のレースだった。
オークス出走馬のデビュー戦の距離を調べると、
1200m芝8頭 1400m芝1頭 1400mダ1頭 1600m芝4頭 1800m芝4頭
トールポピーは1800m芝でデビュー負けして2戦目は2000m芝で初勝利。

負けた時に、次は距離延長で勝ちに来たのだから、
陣営ははじめからオークスを意識した馬だったということが、
良くわかる。桜花賞で負けても問題なかったわけだ。

デビュー戦の距離で陣営の意向を読むことも大切だと分かった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月から始めたパドック修行は5月で2ヶ月になった。
しかしなかなか成果が出てこない、パドック修行は難しい。

最近の競馬成績は負けてばかりだ。
そこで、パドックの勉強になる本はないかと探していると、
「馬券で喰ってどこが悪い」梶山徹夫著
という本に巡り会えた。
その本には眼が見えなくなってもパドックに立ち続ける
老馬券師の話があり、非常に興味深いものだった。
パドックの蹄音や馬の息遣いなどの音だけで判断するのである。

この本に習ってパドックに行ったら、
さっそく「音」を聞いてみようと思い
NHKマイルCの行われた東京競馬場で半日パドックで過ごしてみた。

日本ダービーを創設した安田伊左衛門氏の
銅像を背にパドックを見る。電光掲示板がある方だ。

 パドック観戦は馬券売り場に近く、電光掲示板のオッズも
見ることのできる方に多くのファンが詰めかける。
だから電光掲示板側(銅像側)のパドックは少しばかり空いている。
空いているので、パドックでかすかな蹄音などを聞くのは適している。

 パドックでは携帯電話で大声で喋っている無神経な若者や、

連写式の一眼レフカメラで10回連続シャッター音を何度も鳴らして
お気に入りの馬を撮っているカメラマンが隣に居て、大事な蹄音も
かき消されてしまう場面もあったが、「音」は確かに聞こえて
きた。

)「パカパカ」蹄の音
雨の影響なのか、「パカパカ」という音が良く聞こえた。

「パカパカ」という音が良く聞こえる馬の特徴は
脚の出方がぎこちなく、硬い感じでたたき付けるように歩く。
蹄が地面に接地した時に「パカッ」と聞こえてきた。

1番大きな「パカパカ」を出していたのが、5R16番マイヴイーナス2番人気で6着
だった。
「パカパカ」が聞こえない馬はしなやかに脚を運んでおり、
スムーズに歩いている感じがした。
そこで競馬新聞に「パカパカ」が聞こえた馬はPの印をつけてみた。
P印の成績は以下のとおり
========================================================
5R 2番11着(5人気) 16番6着(2人気)
6R 食事でパドック観戦はお休み
7R 5番16着(8人気) 10番8着(5人気) 15番4着(10人気)
8R 7番10着(10人気) 9番9着(8人気) 10番3着(5人気)
9R 1番10着(3人気) 5番3着(6人気) 7番13着(13人気)
8番7着(5人気) 9番5着(8人気) 12番9着(12人気)
10R 1番6着(10人気) 3番11着(14人気)
11R 2番15着(17人気) 5番2着(3人気) 8番8着(5人気) 11番12着(4人気)
15番5着(2人気) 18番17着(10人気)
========================================================
P印=P馬で連対したのはNHKマイルCのブラックシェル1頭のみ

NHKマイルCのゴスホークケンは後右足だけ「パカ」と聞こえた。
そこで左右のバランスがおかしい印象を受けた。
同じ馬でも「パカ」と鳴る脚と鳴らない脚があるのは興味深かった。
「パカパカ」鳴り過ぎる馬は要注意かもしれない。

2)「ザー」蹄が地面に擦れる音
   脚が挙がらず、引きずる時に起こる。
   ほとんど居ないが、良くない音。
3)「ブルルルッツ」という音
  気合が入っている感じ。マイナスではない。
4)「ヒヒーン」啼いた声
  この日は居なかったが、
  大きく啼いた馬が勝ったことがあったのでマイナスではない。
5)「ギリギリ」
  歯軋りの音、午後のレースで計4頭が歯軋り。
  結果は以下のとおり
5R13番ネバーグレイス16番人気で10着
  8R8番マイネルプロメッサ4番人気で6着
  10R1番ナムラアトランテス10番人気で6着
  10R5番タータンフィールズ15番人気で13着
  データ数が少ないのでなんとも言えないが
  歯軋りはストレスがたまった証拠なのであまり良くないかもしれない。


まだまだパドック修行は続くのであった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。