「安倍のために死ぬのはイヤだ」 失業者や学生が私邸にデモ
「パンをよこせ」。ベルサイユ宮殿に押し寄せる民衆を思い起こさせた。=26日、渋谷区富ヶ谷アベ邸近く 撮影:小杉碧海=
 「自粛要請するなら補償しろデモ」の第2回目がきょう、あった。失業者や学生たちが前回(12日)と同じコースで、渋谷区の安倍首相と麻生財務相の私邸にデモをかけた。
 全国民への一律10万円の給付は、最も早くて5月の連休あけ、一回こっきりということだ。
 デモ参加者の男性(学校事務員・40代)は「これでは働きに出るしかない。さもなくば飢え死にする」と危機感を露わにした。
 男性は「政府は米製兵器の爆買いに対しては『財源がない』とは言わないのに、給付金の増額や毎月給付になると途端に『財源がない』と言い始める」と指摘した。
 フリーライターの女性(20代)は「毎月10万円でも足りない。もっと寄越せと言いたい」と語気を強めた。
塀をめぐらすお屋敷街にデモ隊のシュプレヒコールが響いた。「安倍も貧乏やってみろ」「麻生も貧乏やってみろ」。=26日、渋谷区松濤 撮影:小杉碧海=

 某有名私立大学の学生は、家庭教師のアルバイトで生活を支えていたが、2月からなくなった。「(生活は)危機的状況です」と

 実家に帰ろうにも、新型コロナウイルスで汚染された東京から帰省するわけにはいかない。

 「安倍のために死ぬのは嫌だ」「麻生のために死ぬのは嫌だ」。デモ隊の痛切なシュプレヒコールが高級住宅街に響いた。

 自民党きっての2大バカが、政権のトップとナンバー2として猛威をふるうのである。政治がおかしくならないはずはない。国民の生活が苦しくならないはずがない

 呼びかけ人で元キャバ嬢のヒミコさんがデモの意義をいみじくも指摘する—

 「デモはカネを出せだけじゃなくて、こういう社会に異議を申し立てる意味もある」「コロナが流行る前から生活は苦しかった」と。

 ヒミコさんは連休明けの5月7日、生活保護申請に行く。
高級お座敷犬を抱き優雅にお茶をすする安倍首相。その横で民衆は「休業補償しろ」とフライパンを叩く。=26日、渋谷区神山町 撮影:小杉碧海=