九条改正『求める声ない』河野元議長が安倍首相を批判


河野洋平元衆院議長は26日、東京都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演し、憲法9条に自衛隊の存在を明記する改正を目指す安倍晋三首相の方針を批判した。

「9条改憲を求める国民の声は聞こえてこない。憲法は権力者の権力行使に制限を付ける意味を持っている。権力の頂点にいる方から改憲の号令がかかり、指示が飛ぶのはおかしい」と述べた。

 戦争放棄と戦力不保持を定めた9条について「われわれの決意であり、覚悟であり理想。その理想のために努力することが政治家の使命だ」と訴えた。

 改憲巡る世論調査の動向にも触れ「国民の関心は高まっていない。現行憲法を守るべき」と強調した。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nishinippon.co.jp/item/o/389390.amp%3Fusqp%3Dmq331AQQKAFwAZgB8_DBgqTOwKDAAQ%253D%253D

2018年1月16日 共同通信