vs 
 
- 日時: 2018年7月15日18:00- 
- 会場: ルジニキ・スタジアム(モスクワ)
- 試合: W杯2018/決勝
- 結果: 4-2でフランスの勝利
- 得点: オウンゴール(前半18分) [フランス]、イバン・ペリシッチ(前半28分) [クロアチア]、アントワーヌ・グリーズマン(前半38分)、ポール・ポグバ(後半14分)、キリアン・エムバペ(後半20分) [フランス]、マリオ・マンジュキッチ(後半24分) [クロアチア]
 
■ペナルティエリアへの侵入回数(iPA)
 
フランス
クロアチア
時間帯
左→
中↑
←右
合計
合計
左→
中↑
←右
 0-15分 0 0 0 0 9 6 1 2
16-30分 0 1 2 3 4 1 1 2
31-45分 0 0 2 2 7 4 0 3
46-60分 0 1 2 3 10 4 3 3
61-75分 1 2 1 4 8 2 2 4
76-90分 1 2 1 4 11 6 2 3
Total 2 6 8 16 49 23 9 17

* 試合の立ち上がりからクロアチアが終始優勢。フランスは数少ないチャンスを得点に結びつけた。クロアチアはこれまでの試合と同様サイド攻撃がひじょうに多い。

 

 

■満足度 AA
歴代のW杯優勝国をすべて言える人は少なくないが、準優勝国をすべて言える人は少ない。どんなにいいサッカーをしても、5年10年経てば、勝ったか、負けたか、結果だけが残っていく。国の名誉と威信をかけて、W杯21回目の決勝戦。
 
試合は前半18分、中央やや右からフランスがフリーキックを得る。グリーズマンが蹴ったボールをマンジュキッチが頭でクリアしようとするが、そのままゴールに入りフランスが先制。
 
前半28分、クロアチアが中央からのフリーキック。モドリッチが右サイドに蹴り出し、ヘディングで中央に折り返し。そこからボールをつなぎ、ビダがバックパス。受けたペリシッチが切り返しから左足を振り抜きゴール。1-1の同点に。
 
前半38分、フランスが右サイドからのコーナーキック。ペリシッチの手に当たったのではないかということでビデオ判定(VAR)。結果PKとなり、グリーズマンが決めて、フランスが2-1と再びリード。
 
後半7分、お客さんが4人も乱入するハプニング。そして、後半9分、フランスをこれまで支えてきたカンテが交代となる。
 
後半14分、自陣中央からポグバが右サイドに大きく展開。受けたエムバペがペナルティエリア内に。グリーズマンが後ろに下げ、ポグバがシュート。1度DFに当たったが、もう1度シュートを放ちゴール。フランスが3-1とした。このゴールは大きかったし、展開が素晴らしかった。
 
後半20分、左サイドでエルナンデスが粘りのドリブル。中央に送り、エムバペがミドルシュートを決め、フランスが4-1と大きくリード。
 
後半24分、フランスがGKへバックパス。ロリスが処理を誤り、マンジュキッチが押し込み4-2。
 
この後、クロアチアの左サイドからのフリーキックで、ラキティッチからペリシッチへいいボールが送られたが、審判がFKのやり直しを命じる。カードが出たわけではないので、なんで?という場面だったが、これでクロアチアの気持ちが少し切れたように思えた。
 
試合は4-2で終了。フランスは1998年自国開催での優勝以来2回目のW杯王者に。複数回の優勝は、イタリア、ウルグアイ、ブラジル、ドイツ、アルゼンチンに次いで6カ国目。
 
ディディエ・デシャン監督は、選手としても監督としてもW杯を手にしたが、これはマリオ・ザガロ(ブラジル)、フランツ・ベッケンバウア(ドイツ)に次いで史上3人目。
 
クロアチアはグループリーグの初戦でACミランのカリニッチが交代出場を拒否し、代表から追放されるという最悪の事態でスタートした。確かに、3試合連続で延長戦を戦ってきた中、もう一人、前線に強力な交代選手がいたら...と感じる試合でもあったので、カリニッチはさらに批判にさらされるだろう。
 
しかし、セットプレーでの得点が多かった今大会で、引いて守備を固める相手にでも、ドリブルとパスで切り崩していく攻撃には感動すら覚えた。
 
4年後はあっという間に来る。日本がやるべきことは多い。
 
 
■TigerKAZのマッチMVP ポール・ポグバ (フランス/マンチェスター・ユナイテッド所属)
カンテとともに今大会のフランスを支え続けた立役者。得点シーンでの大きな展開力とゴールは圧巻だった。
   

■出場選手

 [フランス / ディディエ・デシャン監督(フランス)] 

1 ウーゴ・ロリス (GK)

2 ベンジャマン・パバール 

4 ラファエル・バラン

5 サムエル・ウムティティ

21 ルーカス・エルナンデス 

6 ポール・ポグバ

13 エンゴロ・カンテ  (54分OUT)

10 キリアン・エムバペ 

7 アントワーヌ・グリーズマン

14 ブレズ・マトゥイディ (73分OUT)

9 オリビエ・ジルー (81分OUT)

(交代選手)

15 スティーブン・エンゾンジ (54分IN)

12 コランタン・トリッソ (73分IN)

18 ナビル・フェキル (81分IN)

 

 [クロアチア / ズラトコ・ダリッチ監督(クロアチア)] 

23 ダニエル・スバシッチ (GK)

2 シメ・ブルサリコ 

6 デヤン・ロブレン

21 ドマゴイ・ビダ

3 イバン・ストリニッチ (81分OUT)

7 イバン・ラキティッチ

11 マルセロ・ブロゾビッチ

18 アンテ・レビッチ (71分OUT)

10 ルカ・モドリッチ

4 イバン・ペリシッチ

17 マリオ・マンジュキッチ

(交代選手) 

9 アンドレイ・クラマリッチ (71分IN)

20 マルコ・ピアツァ (81分IN)


[主審] ネストル・ピタナ (アルゼンチン)

 
 

[W杯2018マッチレポート]

決勝トーナメント

3位決定戦

ベルギー○2-0●イングランド

 

準決勝

フランス○1-0●ベルギー、クロアチア○2-1●イングランド

 

準々決勝

ウルグアイ●0-2○フランス、ブラジル●1-2○ベルギー、スウェーデン●0-2◯イングランド、ロシア△2-2△PK戦3-4クロアチア

 

ベスト16

フランス○4-3●アルゼンチン、ウルグアイ○2-1●ポルトガル、スペイン△1-1△PK戦3-4ロシア、クロアチア△1-1△PK戦3-2デンマーク、ベルギー○3-2●日本、ブラジル○2-0●メキシコ、スウェーデン○1-0●スイス、コロンビア△1-1△PK戦3-4イングランド

 

GL 

A組 1位ウルグアイ(9)、2位ロシア(6)、3位サウジアラビア(3)、4位エジプト(0)

ロシア○5-0●サウジアラビア、ウルグアイ○1-0●エジプト、ロシア○3-1●エジプト、ウルグアイ○1-0●サウジアラビア、ウルグアイ◯3-0●ロシア、サウジアラビア◯2-1●エジプト

 

B組 1位スペイン(5)、2位ポルトガル(5)、3位イラン(4)、4位モロッコ(1)

モロッコ●0-1○イラン、ポルトガル△3-3△スペイン、ポルトガル○1-0●モロッコ、イラン●0-1○スペイン、スペイン△2-2△モロッコ、イラン△1-1△ポルトガル

 

C組 1位フランス(7)、2位デンマーク(5)、3位ペルー(3)、4位オーストラリア(1)

フランス○2-1●オーストラリア、ペルー●0-1○デンマーク、デンマーク△1-1△オーストラリア、フランス○1-0●ペルー、デンマーク△0-0△フランス、オーストラリア●0-2○ペルー

 

D組 1位クロアチア(9)、2位アルゼンチン(4)、3位ナイジェリア(3)、4位アイスランド(1)

アルゼンチン△1-1△アイスランド、クロアチア○2-0●ナイジェリア、アルゼンチン●0-3○クロアチア、ナイジェリア○2-0●アイスランド、ナイジェリア●1-2○アルゼンチン、アイスランド●1-2○クロアチア

 

E組 1位ブラジル(7)、2位スイス(5)、3位セルビア(3)、4位コスタリカ(1)

コスタリカ●0-1○セルビア、ブラジル△1-1△スイス、ブラジル○2-0●コスタリカ、セルビア●0-1○スイス、セルビア●0-2○ブラジル、スイス△2-2△コスタリカ

 

F組 1位スウェーデン(6)、2位メキシコ(6)、3位韓国(3)、4位ドイツ(3)

ドイツ●0-1○メキシコ、スウェーデン○1-0●韓国、韓国●1-2○メキシコ、ドイツ○2-1●スウェーデン、メキシコ●0-3○スウェーデン、韓国○2-0●ドイツ

 

G組 1位ベルギー(9)、2位イングランド(6)、3位チュニジア(3)、4位パナマ(0)

ベルギー○3-0●パナマ、チュニジア●1-2○イングランド、ベルギー○5-2●チュニジア、イングランド○6-1●パナマ、イングランド●0-1○ベルギー、パナマ●1-2○チュニジア

 

H組 1位コロンビア(6)、2位日本(4)、3位セネガル(4)、4位ポーランド(3) 

コロンビア●1-2○日本、ポーランド●1-2○セネガル、日本△2-2△セネガル、ポーランド●0-3○コロンビア、日本●0-1○ポーランド、セネガル●0-1○コロンビア