自分の中の違和感が

どんどん

解消されていきます。



私は美容師をしています。

でも、どうしてもたどり着けない感情があります。


美容という仕事だけにただひたすら支え、没頭すること。




やっぱり、イチロー選手はかっこよくて、サッカーのカズ選手もやっぱりカッコいい。


私の周りにも、ストイックに美容のあり方を追い求め、
尊敬のやまない、方々ばかり。



憧れて、あんな風に生きられたらと思う反面、



私はここまで、ストイックなまでに、そのことだけを掘り下げ、生きられない。
もっと、面白いことが自分の知らない場所にあるんじゃないかという好奇心が止まらないのです。





そんな自分に、気づき始めていました。






私の美容論は、心身ともに健康だからこそ、

髪は、穏やかで、そして、美しくいられる。

だから、

まずは、

髪を触りながら、

その方が

解放され、

自分を許し、愛することが出来るということへのお手伝いがしたい。



何度も話していて、妹には申し訳ないけど、

妹は若い頃に胃癌になり、胃がほとんど残っていません。
そのことで、美しい艶のあるたっぷりとした髪は、とても軋む、細い、くせ毛に変化しました。



どんなものを持ってきても、彼女の髪はあの艶を取り戻さない。


だから、人間は、出来るだけ、健康に生きられる方法を探さなくてはいけない。



この歪んだ世界も、変化しなければならない。

人が人に優しい世の中にならなければならない。

本当の美しさはもっともっともっとその奥底の根底にある。

っと、いろんなことを思うのです。





先日、25年前、24歳の時に本で読んだ

「アガスティアの葉」

と、出会うきっかけを頂くことが、できました。

3000年の昔、インドのアガスティアという聖人が、書き記したとされる一人一人にあてた予言書

アガスティアの葉。


そこには、びっしりと私の人生、そして、家族、これから成し得る自分の役目が書き綴ってありました。




人は、なりたい何かに憧れるけど、

自分を知ることってとても重要で、



生きる意味を感じられるようになります。




自分のしなければならないことを知ることが、

世の中のためにもなり、

ひいては、自分や家族や愛する人のためにもなる事に気づく。


っということが、もっとも心地よく幸せなことのように思うのです。





私はアーティストに憧れていました。


でも、違った。


その事を知れただけで、
昨日までの違和感は解消され、
私が思い描く構想が、どんどんと未来に繋がり、
クリエイトされていく事に、


ワクワクが止まらずにいます。🌿