June 9th 2020.  ☀️

 

2020年 6月9日(火) 晴れ

 
今朝は、偶然、早起きしました。
 
5:20 am 
 
 
 
すごい!!
蛹の中がくっきり見えます!!
 
もうすぐ孵化が始まります!!
今日が休みだったらよかったのに!!
 
土曜日まで待って~!!と言いたい。
 
仕事に行かねばならないので、準備します。
 
シャワーして、さぁ!うち出ようと、その前にちょっとまた蛹を観に行ってみたら・・・
 
あれ?!
 
なんか動いてる!!
 
ネットに張り付いてるのは・・・
 
 
約1時間後・・・
 
6:45 am
 
 
え?!!!!
 
アゲハ蝶!!
 
蛹から出て来ちゃった。
 
よちよち歩きで、たった今蛹から出たばかりって感じです。
 
生まれたて。
 
 
綺麗~!
 
可愛い!
 
美しい!!
 
 
 
 
まだ羽は開ききっていません。
 
 
 
 
はらぺこあおむしは、きれいなちょうちょになりました。
 
 
 
 
からっぽの蛹です。
 
 
この中で約2週間いたかな・・・
 
無事に蝶になってよかった。
 
7匹の幼虫から6匹あおむしになり、蛹になったのは1匹。
そして、その1匹の蛹が、今日、無事にアゲハ蝶になることが出来ました。
 
これからは、子孫を残すという大きな使命を果たすため、
厳しい自然界へ旅立ちます。





 

 
 
残念ながら、もう仕事に行かないと遅刻してしまう。
ちょうちょの旅立ちを見送りたいからなんて理由で休めない。
なので、旅立ちは見ることが出来ませんでした。
 
でも、熊さんに、”起きた時、ちょうちょが飛ぶところを写真に撮って欲しい。”
とお願いしておきました。
起きた時、アゲハ蝶はネットに止まっていたそうです。
写真を撮ろうとカメラを取りに行こうとしたら、気配を感じて飛び始め、
下の方の隙間からす~っと逃げて行ったそうです。
危機感を感じ、びっくりしたと同時に飛び立つエネルギーが沸き起こり、
外の大自然へ飛び出して行けたのですね。
あっという間に空へ舞い上がり、見えなくなったそうです。
 
この話を聞いて、胸がジーンと来ました。
感動と嬉しさと・・・
 
でも、ちょっと寂しさも・・・
 
アゲハ蝶が元気よく飛んでいくところを見ることが出来ませんしたが、
きっと外の自然を飛び回り、満喫していることでしょう。
 
大自然で力強く生きて行って欲しいです。
そして、同じ仲間に出会い、新しい命を繋いで欲しいと願います。
 
7つの卵から7匹のモノクロちゃんが生まれ、6匹がはらぺこあおむしになり、
そして、1匹が蛹になり、
ついに、美しいアゲハ蝶になれました。
 
自然淘汰 Natural selection ですね。
 
 
こうして生態系 Natural ecosystem が守られているのですね。
 
蝶はみかんの葉に卵を産みます。
 
卵が孵って幼虫になります。
 
卵や幼虫を餌とする昆虫もいます。
 
あおむしになると、鳥が餌として食べます。
 
その厳しさの中、サバイバルに勝ったものが蛹になります。
 
しかし、蛹を餌とする昆虫もいます。
 
力や健康だけでは、生き抜くことはできません。
 
そして、このような天敵により、
 
みかんの木が食べつくされないように守られているのですね。
 
植物が守られないと、全ての生き物は絶滅するのです。
 
 
 
寄生昆虫というのもいるそうです。
 
蛹になったから、美しい蝶が出てくると思いきや、
 
寄生バチや寄生バエが出てくるそうです。
 
運も必要です。
 
 
 
そして、いよいよ運命の瞬間!
 
無事に蝶になり、飛び立ちます。
 
蝶になってからも天敵はいつも周りにいて、狙われています。
 
自然は、いつも厳しいですね。
 
人間も自然の恩恵にあやかって生きているのだから、
地球環境を大切に守っていかなければいけませんね。
 
 
 
 
The Very Hungry Caterpiller のお話しのYou Tube たくさんあります。
大人気ですからね。
私は、約25年前、エプロンシアターを作りました。
とっても重宝してます。
子どもたちは大好き。
泣いていた子も、大暴れしていた子も、はらぺこあおむしのエプロンシアターをすると、みんな静かになって集中して見入ってくれます。
そんな時、いつも達成感を感じます。
子どもは正直ですから・・・
面白くないと誰も見ても聞いてもくれません。
損得関係ないですからね・・・
 
Hierarchyな社会とは無縁ですから・・・本来は・・・
差別観は大人の無意識的な行動から無意識に学んでしまうのです。
 
 
Today’s Hungry Caterpillars!! は、Day 26 で完了しました。
 
The End 満月