ボリンジャーバンド | 夢を実現する株式投資初級講座
2005-11-30 10:39:25

ボリンジャーバンド

テーマ:テクニカル指標

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャーというアメリカの投資家が考案した、統計学の手法を使って移動平均線を加工したテクニカルチャートのことです。


移動平均線に対して、統計学の手法を使い第1標準偏差、第2標準偏差を線で表し、移動平均線を含めてバンド状のようになったテクニカルチャートです。


第1標準偏差にはさまれたゾーンには68%の確率で、第2標準偏差にはさまれたゾーンには約95%の確率で株価が収まるといわれています。


バンドの幅がほぼ一定で水平になっている時は、株価がもみ合いの動きをしている時であり、一番上の補助線で売り、一番下の補助線で買いというシグナルとして使います。


ボリンジャーバンド


※チャートをクリックすると拡大します。

見にくいですが、ローソク足を挟む帯のように引かれている破線がボリンジャーバンドです。


(迷いレス投資法?)



夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

(PR)

tiganokabukouzaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス