このたび、ティアハイム十勝の永年預かりチームにシーズーの『テツ』が仲間入りしました!

多少のことには動じない、どっしりとした親方のような存在感ニヤリキラキラ

14歳のお爺ちゃん犬です。

テツはブリーダー放棄犬で、既に永年預かりチームにいるメメのお兄ちゃんにあたります。

メメ同様劣悪な環境のなか、病気を放置され激痛に苦しみ鳴いているところを保護しましたショボーン

 

保護後、すぐに病院を受診病院

テツの痛みの原因は……肝臓が大きく腫れて他の臓器や背骨を圧迫していたためと、首のヘルニアであることがわかりましたえーん

当初は腹ばいになることも難しく(腹ばいになると内臓が更に圧迫されて痛みが増すため)、何時間も立ち続けていたり、ときには「ギャーン」と悲鳴をあげて痛みに耐えていましたアセアセ

 

また、テツの右目はとても小さくなっていました。

随分と前に怪我をしたようですが、患部である眼球に適切な処置をしなかったようです(;_;)
病院の先生いわく眼球が腐り、中の水が流れ出てしぼんでしまっているのだそうです。

こちらの右目は、残念ながら視力はありませんでした。

左目の視力はありますが、白内障になってきているため少し見えが悪いようです。

今は治療のお陰で快方に向かっているテツキラキラ

預かり宅のお庭で、軽くお散歩もできるようになりました。

画像は初めて雪雪だるまを見たときの姿です。

「この白いのは何かなぁ…」という感じで、不思議そうにじー……っと周りを見渡していました。

 

体調が完全に良くなりましたら、広い世の中をもっと見せてあげて、美味しい食べものが沢山あることを知ってもらい、妹のメメや他の仲間達と一緒にのんびり過ごしてもらいたいと思います照れ

 

スタッフraichi