先日ご紹介した、ティアハイム十勝の永年預かりチームにいるハナガーベラちゃん。

ちょっぴりとぼけた一面があるんですよ~。

ある日のハナちゃん。

実はこれ、ベッドとベッドの間にいるのですが、本人はベッドの上にいると勘違いしてくつろいでいるんです照れ

ハナちゃん。そこはベッドじゃないんだよ?と声をかけると、え?といった表情。

全く気づいていません(笑)

そしてまたまたある日のハナちゃん。

お部屋の中をご機嫌に歩いているな~音符と思いつつ・・・ふと見ると。こんな格好。

ベッドとベッドの間に挟まって、身動きが出来なくなっているんです。

でも全く焦るでもなく、騒ぐでもなく、困ったな~・・どうしようかな~・・そのうち助けがくるかな~・・・ポケ~・・な感じ。

ハナちゃんを傍で見ていると、クスッとしたり和やかな気持ちになれます照れ

 

元気いっぱいの若い犬も良いのですが、高齢犬と一緒に過ごすのもまた違った良い面があります。

これからも穏やかにのんびり老後を過ごしてほしいです音譜

 

スタッフraichi