俳句、川柳の会から〜秋〜 | リハビリスタジオてぃーだ真砂

リハビリスタジオてぃーだ真砂

千葉市美浜区真砂のデイサービスセンター【リハビリスタジオてぃーだ真砂】のスタッフブログです! 日々、施設であった楽しいことを発信していきます!よろしくお願いします!


テーマ:
〜俳句、川柳の会の作品から


もみじもみじもみじ今回の俳句の作品ですもみじもみじもみじ

載せるのが遅くなってしまいましたガーン


秋らしくモミジとコスモスを添えて。






今回は秋のお題ということで、しっとりとした作品が揃いましたキラキラ


残念ながら、例の塩害でこの辺りでは紅葉が拝めないもやもや
せめて秋らしい雰囲気だけでも味わいましょう…。



なーんて、言ってますが。



ワタクシ、今このブログを書きながら、
「あ、そういえば全然俳句作ってない…」と気づくお粗末さでして滝汗あせる


向き不向きは別にして。
やる気を出さねばなりません。
ネタの収集にアンテナを張り巡らせたりすることも必要でしょう。


●最終的には〈締め切りがないとダメ!〉なんでしょうね真顔


追われないとできない性格なのを忘れていました…えーんン10年前から言われている。


よーし!プレバト観てやる気だすぞ(笑)





さて、題名が俳句の会なので、最近あった俳句がらみの話を書こうと思いますイヒ


先日、我が息子(小4)の学習参観がありました。
学校では、季節ごとに俳句を詠んで、廊下に展示をしています。


毎回、クラスメイトたちの作品を見るのが楽しみなんです。
その子その子で興味のある事がよくわかるんですよね。
この子はいつも食べ物のことだなぁ、いつも野球のことだなぁ、とか(笑)


で、今回の作品の中に、
「モモクリ    三年かき     8年」
と、詠んだものがありました。


 真顔 ん?


隣にいたママ友と顔を見合わせて、
「ねぇこれ、俳句かな…」滝汗汗
「いや、ことわざ…じゃないかな…」ニヤニヤ
思わず大爆笑‼︎


家に帰って学校のことをよくよく思い出してみると、もうその句?のことしか覚えてないという状態叫びウワォ!


作品というのは、質よりインパクトが大事だ!と気づいたのでした。
目からウロコの出来事でした。


意表をついてくるってやつですね…真顔





〜先週のてぃーだのオモロい作品〜


前回のブログで書きました、葉っぱやドングリの類を使って工作する云々という話。


その話を載せた次の日に、なんと!新たな作品が出現しておりました‼︎

ジャン‼︎これです!癒しオモロ!


これ、なんだと思いますか?


太鼓の達人のキャラ?
ブブー!


正解はウリ坊です!



ンー、なんだろう…うーん
このウリ坊、何か違和感があるな…
とネットで検索してみたのです。


ふと感じた違和感。それもそのはず。


本来は…

写真借用してます

↑これです!これになるはずだった!(笑)


なんとイノシシの最大の特徴である鼻のところが顔になっていたわけですガーンハッ
ハイ、もう一度先の写真をご覧ください。


でも、ワタクシ、癒しオモロのウリ坊の方が記憶に残ってしまいました…アセアセ


その時に改めて、


作品というのは、質よりインパクトが大事だ!と確信したのでした。


なので、てぃーだではこれからもインパクトのある作品を作っていきますよーチョキ



フフフフフ…にやり

てぃーださんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス